多くの人々にとってのこの予言は、2020年の地球に地球外生物が到着した後に、第三次世界大戦が開始される事から始まります。

この地球外生命体の到着のいくつかは、イエス・キリストの二度目の帰還と結び付けられています。
地球上で平和に暮らす侵略的なエイリアンと協定を結ぶことができますがエイリアンは私たちのDNAのゲノム変更を強制して攻撃性を弱めます。

ロシアの現在の大統領であるウラジミール・プーチンはこの予言に対して、第三次世界大戦を開始する責任があると言及しています。

黙示録にはその記述がある。

黙示録と名付けられた最後の聖書の本は、聖書では救世主が地球上に戻ると約束されていますが、その前に、世界が終焉に至る明確な兆候を、明示的に明らかにしています。この出現は、星の落下から始まる大きな世界紛争が先行することが言及されています。
これ正に第三次世界大戦のことではないでしょうか。

この戦争が、ノストラダムスの予言だった場合、2015年から2020年までの5年間で終わりの時を迎えます。ノストラダムスは、その期間中に、地球外生命体の侵略が発生すると示しています。 星の落下は第三次世界大戦の始まりを示す事実であり、この予言は世界人口の3分の1、つまり約25億人を死に至らしめ、そして終わりが来ることを予言しています。

ノストラダムスの世界大戦予測

実際に聖書の予言とノストラダムスの予言は互いに補完し合い共通しています。両方の著作を注意深く研究するだけで、予言されている世界の最終的な運命を示す出来事の、差し迫った状態を完全に理解するのに十分な理解ができます。 人類が大患難に備える必要があることは明らかであり、そこでは神の子どもたちは邪悪な者の子どもたちから引き離されます。 この苦難は主に、第三次世界大戦のように壊滅的な戦争紛争の発生によって与えられ、ほぼ半分の人類を終わらせることに加えて、伝染病、切断、飢餓、先天性の欠損症などのあらゆる種類の悪を地球にもたらします。その他の災害の中でも、化学兵器および生物兵器のが使用されます。

最終決戦における世界大国の役割

この第三次世界大戦は、以前の大戦とはなにも関係ありません、それは戦争の中で最も地上的ではなく、危機にatしているのは永遠の普遍的な力です。しかし、世界は、この紛争の結果が彼らがコントロールできないものであることを認識する力を持っています。
現在すでに確立されている新世界秩序の特権的地位を守る為に、彼らのプランを動かし始めています。現在、世界の地政学的なシナリオでは、明確に定義された2つのTOP構造が構成されています。一方は、米国とバチカンの同盟が率いる西側諸国がそのTOPであり、他方ではロシアと中国の同盟が指揮する東側諸国が位置付けられています。
両方派は、シリア、ウクライナ、リビア、ベネズエラなど、第三次世界大戦の勝敗に違いをもたらす可能性のある戦略的空間の制圧権をめぐって戦っています。しかし、2020年に差し迫った地球の侵略に備えているエイリアンとの直接交渉に入ることによって、アイデンティティを引き上げたのはロシア人であり、彼らには抵抗を与えず、代わりに彼らを利用可能にしました。奴隷労働は、25億人以上の人口を抱える中国-インド圏の人口が多いことによるものです。

ノストラダムスの世界大戦2017の予測

これらすべては、彼らの同盟国であり米国主導のNATO部隊が第三次世界大戦での破壊に貢献する事と引き換えに行われます。

キリストの再来

しかし、権力が戻らないか、それが見つからなかった場合、ノストラダムスと黙示録の予言である、”世界の終わりの兆候が発生した直後に、全能の救世主の再来が発生”した場合、地上の権力は失われています。

またはエイリアンは、それが来る力が宇宙の他の力よりも大きいため、以前の合意または協定の履行を保証することができ、2021年前に発生する可能性のある約束された最後の審判の決定を待つだけです。

 

今のところ、NATO同盟は、地球上のキリストの代表者となるローマ教皇を味方につけているため、自信を持っています。そのため、ロシア-中国はエイリアンと同盟を結ぶことを決意しています。地球のすべての電子システムに対するエイリアンのコンピューター攻撃から始まる第三次世界大戦では、 5月12日にスペイン電話会社に対する執拗な攻撃が発生し、それらの多くが隔離されました世界中のMovistarユーザーは、今年の最後の四半期に何が起こるかについてのエッセイだけを構成しました。

このデリケートな情報をすべてのソーシャルネットワークで共有して、私たちの世界で起きようとしているすべての事に影響を与える異常なイベントにも、友達と備えるようにしましょう。