ニコラ・テスラは赤子の頃に金星から地球に来たというFBI文書が存在する。


その手紙は、ニコラ・テスラがどのようにして
惑星間通信に使うことができる装置を発明したかについて述べています。

それは、1950年にテスラの死後、それ以来「UFO」と密接に接触していたテスラエンジニアが装置を造ったと説明しています。

さらにFBIの文書は、テスラが1856年に地球上に赤ん坊として連れて来られ、現在のクロアチア、旧ユーゴスラビア共和国にある山岳地帯で、どのようにしてテスラ夫人の世話をされたかについて言及しています。 

誰もがテスラの陰謀論を愛しており、
この文書は、地球上の歴史の中で最も偉大な科学者の一人であるニコラ・テスラが異星人であることを示唆しています。

これはFBIによる非機密扱いの文書で実際に言及されており、
偽のニュースではありません。

この文書は、FBIのオンラインVaultで無料で入手でき、1957年6月14日付けの日付で、「惑星間セッションニュースレター」という題名で、多くの物議を醸しています。

宇宙人は何度もテスラエンジニアを訪ね、テスラは金星人であり、赤ん坊の頃の1856年に宇宙船で、テスラ夫人と共に遠く離れた山岳地帯に連れて行った。現在のクロアチアで旧ユーゴスラビアです。

https://vault.fbi.gov/nikola-tesla/Nikola%20Tesla%20Part%2003%20of%2003/view
詳細とトランスクリプトは、上記のリンクにアクセスして確認でき
ます

https://vault.fbi.gov/nikola-tesla/Nikola%20Tesla%20Part%2003%20of%2003 / at_download / file
詳細を含むPDFファイル、およびその他のTesla関連の情報には、上記ののリンクからアクセスできます

ちょっとした背景

ジョージ・ワシントン・ヴァンタッセルはアメリカのコンタクティ、UFO研究家、そして作家でした。
ヴァンタッセルは、1930年から1947年までの間にダグラス・エアクラフト社ヒューズ・エアクラフト社、およびロックヘッドに勤務していた航空機整備士および飛行検査官です。

ヴァンタッセルは金星からの宇宙船と接触していたと主張していました。
「エイリアン」が口頭でテレパシー的に人体を若返らせるためのテクニックを彼に教え、彼は船上に招待されました。
最終的にこの装置は「インテグラトロン」と呼ばれ、その一部はニコラ・テスラによる研究に基づいて構築されました。

ジョージ・キングは、地球外の接触に基づいた宗教運動である、いわゆるエーテリアス協会の創設者でした。
キングは、彼がCosmic Mastersと呼んだ異星人の接触の結果であると主張しました。

エーテリアス協会は、UFOの主張、ヨガ、そしてさまざまな世界の宗教、特にヒンズー教、仏教、そしてキリスト教からの考えを組み合わせたものです。

「鳩の帰還」という本は、ニコラ・テスラに捧げられたものであり、そしてグッドリードによれば、
今日の世界の大きな精神的な必要性に対する科学的な答えを提供しています。

内容:
今そして初めに。
これからの日々。人間のはりつけの終わり この宇宙の瞬間 ニコラテスラストーリー。鳩の別れなど

マーガレットストームによって書かれた本は – 今日では – テスラが金星または他の次元からのものであるという主張を裏付けるためにいかなる証拠も提供しないフィクションの作品として考えられている。
しかし、多くの読者はストームがテスラ、彼の人生、彼の起源、そして彼の仕事について全く異なる見解を提供していることに同意します。