※ざっくり言うと※
・古代バビロニアに遺されたタブレットにバベルの党の証拠が残っていた。
・いやそのタブレット(オーパーツ)じゃないよ?
・個人コレクターが所有していたことの方が驚くわ定期(そっちか)

古代バビロニアのタブレット(石版)によると、聖書に出てくるバベルの塔は本当のものでした。

紀元前6世紀にさかのぼり、1世紀前に発見された古代の石版は、バベルの塔が現実であるという決定的な証拠を記しています。また、バベルの真実のイメージを提供し、メソポタミアの最も有名な支配者であるネブガドネザル2世による建設プロセスと、その背後にある人間についても説明しています。
バビロンの伝説的な都市で製作された古代の石版は、紀元前600年にまでさかのぼり、一世紀前に発掘されました。しかし、ロンドンの大学のAndrew George博士は、石が聖書の塔を描写したようなイメージを持っていると指摘し、そのため石版が適切に研究されました。この石版は、ノルウェーのビジネスマンMartinSchøyenの個人的なコレクションとして何年も残っていました。

ウェブサイトSchøyenCollectionによれば、バビロンのジッグラト(ピラミッド型神殿)は当初、ハンムラビ1792-1750の時代に造られました。修復および拡張はナボポラサールの下で始まり、ネブカドネザル2世、604-562の下で43年間も建造され続け終了しました。

スミソニアン誌には、George博士がバベルの塔と多くの人によると説得力のある証拠について論じる動画があります。

理論的には、人類が語ったオリジナルの言語があったと信じられています。興味深いことに、他の多くのものと同様、これもまた、バベルの塔に言及している聖書、第11章の創世記に現れます。

創世記第11章:

1 全地は同じ発音、同じ言葉であった。
2 時に人々は東に移り、シナルの地に平野を得て、そこに住んだ。
3 彼らは互に言った、「さあ、れんがを造って、よく焼こう」。こうして彼らは石の代りに、れんがを得、しっくいの代りに、アスファルトを得た。
4 彼らはまた言った、「さあ、町と塔とを建てて、その頂を天に届かせよう。そしてわれわれは名を上げて、全地のおもてに散るのを免れよう」。
5 時に主は下って、人の子たちの建てる町と塔とを見て、
6 言われた、「民は一つで、みな同じ言葉である。彼らはすでにこの事をしはじめた。彼らがしようとする事は、もはや何事もとどめ得ないであろう。 」
7 さあ、われわれは下って行って、そこで彼らの言葉を乱し、互に言葉が通じないようにしよう」。
8 こうして主が彼らをそこから全地のおもてに散らされたので、彼らは町を建てるのをやめた。
9 これによってその町の名はバベルと呼ばれた。主がそこで全地の言葉を乱されたからである。主はそこから彼らを全地のおもてに散らされた。

スミソニアンによる動画では、スミソニアンチャンネルの「秘密」シリーズ-Dの新しい季節の一部です。George博士は、階段を上った塔とスタッフと円錐形の帽子を携えた人間の姿を描写した石版の碑文を説明しています。

レリーフの下で、George博士は、記念碑に彫られたテキストを簡単に読むことができ、「バビロン市のジッグラト(寺院塔)」と書かれています。

“この石版は、本物のバベルの塔の最初のイメージを表しています。それは、この建物がメソポタミアの階段状の塔であり、古代の巨大構造の7つの層を示していることが確認できます。重要なことは、メソポタミアの最も有名な支配者、ネブカドネザル2世の奴隷であることを明確に示しています」とスミソニアン研究所の動画は語っています。

信じられないことに、石版の碑文は、タワーがどのようになったかについての豊富な情報を提供します。

George博士は、この動画で次のように説明しています。「…上海から地中海で、「下の海へ」というのは、ペルシャ湾です」と、彼はエピソードで概説します。「この建物を建設するために、遠く離れた土地や居住者の人々が動員されました。」

さらに、スミソニアン研究所が発表した動画は次のように述べています。「この古代の記述は、バベルの塔がどのように構築されたのかに関する聖書の話と信じられないくらい同じです。学者にとっては、石版は、バベルの塔が単なる小説の作品ではなかったという証拠をさらに提供しする貴重なものです。それは、実際に、古代の建物だったのです。