洞窟の全長が13,232mに及ぶ洞窟の中で、最も深く探検された地点は、深さ2,197mに達する。地球の内側への入り口と呼ばれ、地球上で最も深い洞窟と知られています。

Krubera-Voronya(クルベラ洞窟)として知られているこの洞窟は、洞窟界のエベレストとして知られています。洞窟の全長が13,232mに及びます。クルベラの最も深く探検された部分は2,197mに達し。洞穴の入り口とその最も深い探索点の標高差は、なんと2,197±20メートルにもなります。

 

この魅力的な洞窟は、アブハジア、ジョージア州のガグラ山脈にあるアラビカ山地にあります。洞窟は、1,300のうちの1つと、2,196メートルの深さのうちの1つの2つの枝に分けられ、いくつかの小さな斜面に落ちます。この深度2,000メートルを超える驚くべき洞窟を発見した事は、歴史の中で初めてのことである、2004年に3回の探検が行われた際に深さが異なる記録を取得しました。

これまで探索された、最も重要な瞬間は以下の通りです:

1960年:ジョージア探検家によって洞窟は180メートルの深さに達する事が発見された。

1980年:ロシア・ポーランドの探検隊は、シベリア洞窟、ヘンリッヒ墓地、ベルキル洞窟の3つの洞窟を発見しました。

1980年代初め:キエフクラブは洞窟が最大340メートル深さに達する事を確認しました。

1999年:ユリー・カシャンによって率いられたウクライナ洞窟協会(Ukr,SA)の探検隊は、220〜250mの深さにある窓の後ろにある2つの枝を発見し、その枝を探検することによって、クルベラ洞窟での探検に大きな飛躍を遂げました。これらの枝は2つの異なる方向に伸びていました。

そのうちの「Main Branch」は-740mに、「Nekuybyshevskaya Branch」は-500mと判断されました。

2000年8月:同じウクライナのチームが探鉱を最大-1200mまで続けた。

2000年9月:UkrSAチームとMTDEチームは-1410mまで探査を続けた。

2001年1月:Ukr.SA探検隊は-1710m(-5,610ft)まで洞窟を探索し、世界で最も深い洞窟と確認されました。洞窟分野の歴史上で初めて、世界で最も深い洞窟が、西ヨーロッパ外に確認されました。2001年以降、Ukr.SAによるクルベラの調査は、A. Klimchuk、Y. Kasyan、G. Samokhin、およびK. Markovskoyによって調整され、「Abyssの呼び名」と呼ばれる複数年のプロジェクトの枠内で行われています。ウクライナの洞窟学者のほかに、フランス、スペイン、ロシア、モルドバ、ブルガリア、イギリス、アイルランド、イスラエル、リトアニアなどのさまざまな国から、Ukr.SAの探検に参加しています。

2007年1月:CAVEXチームが探検し、ターミナルである「Dva Kapitana」の水槽でダイビングを行い、水面下約30mの深さに達すると主張しました。しかし、チームによって報告された水中の通過形態の特徴は、その後の探査では確認されず、16mより深い安全ラインが発見されませんでした。

2009年8月〜9月:ユリー・カシャン(Yury Kasyan)が率いるUkr.SA探検隊は、ネクサブシェフスカヤ支部を1,557m(5,1​​08フィート)の深度のサイホンに押し進めました。Aidas Gudaitisが率いる国際的な “Towards the Centre of the Earth”探検隊は、水位ログからデータを収集し、その場所を交換し、1400mキャンプ近くの “スペイン支部”に探検を推すために「Main Branch」に戻りました。

2012年8月:ウクライナの洞窟ダイバーGennadiy Samokhinは-2197メートル(-7,208フィート)の新しい世界深度記録に達するプレッシャーの中、59名のチームが27日間クルベラを探索しました。9つの国からのメンバーを含め、チームは地下のキャンプを設立しました。