火星の表面上に人工的に作られた構造物のようなモノの証拠は、無数の画像が見つかっています。火星の多くの奇妙な発見に加えて、赤い惑星に関する最も魅力的な声明は、Stubblebine将軍が言った:

“There are structures on the surface of Mars. I will tell you for the record that there are structures underneath the surface of Mars that cannot be seen by the Voyager cameras that went by in 1976…”

“火星の表面には構造物があります。私は1976年に訪れたボイジャーのカメラでは見ることができない構造物が、火星表面の下にあるという記録を、みなさんに伝えたい “


 

過去数年の間に、火星の不自然な構造物をすべてまとめるのは難しいと教えてくれました。

不毛で荒涼とした惑星から、火星はこれまでに考えていたよりも、とても興味深い惑星だということを証明しています。

火星は地球の直径のおよそ半分であり、表面積は地球の乾燥した土地の総面積よりわずかに小さい。火星は地球よりも密度が低く、地球の体積の約15%、地球の質量でいうと11%を占め、地球の表面重力の約38%の数値となります。

しかし、火星は地球と非常に多くの点で似ています。専門家は、この赤い惑星が、地表に覆われた雰囲気、湖、川、海が、かつて地球にとても良く似ていたことを証明しました。

それにともない、NASAは、火星には生命が存在する可能性があった事を明らかにしましたが、赤い惑星が大気を失ったときにすべてが変わりました。

科学者たちによると、隣人の惑星大気のゆっくりとした破壊は、「巨大なロープのような磁気回転の腱」によって引き起こされた。赤い惑星はかつては歓迎された雰囲気でした。これは、火星がはるかに若かったときには、暖かく湿っていたことを意味します。つまり、火星で生命が発達するには非常に良い環境でした。科学者たちは、火星の海が惑星の薄くなった大気のせいで蒸発し、それが宇宙に漏れ出たと信じています。

火星は構造化された世界磁場の証拠はないが、地球の地殻の一部が磁化されていることが観測され、双極子場の極性反転が過去に起こったことが示唆されています。ポールシフトでしょうか。

しかし、火星には専門家たちを混乱させる事実がたくさんあります。火星を探検しているNASAの探査機は、赤い惑星の表面上のメタン測定値が急増している事を発見しました。地球上では、大気中のすべてのメタンの90%が存在しています。科学者たちは火星のメタンの痕跡を採取し、赤い惑星の生命の存在を指し示すことができると信じている。

しかし、現在はまだその表面に声明の痕跡を発見出来てはいないが、遠い過去には、火星が生命だけでなく、表面に構造物を構築しているかもしれない高度で複雑な生活形態を支えてきたと主張している。

このような科学者の一人は、UC Davisから学位を得たプラズマ物理学者John博士であり、科学者が火星の命が意図的に核で破壊されたと主張するように見えているようだ。

 

火星のキセノンは、大量の高速核分裂を伴う地球の核兵器プログラム(水素爆弾試験とプルトニウム製造の両方)によって生成された地球大気中の成分と密接に一致することが証明。火星のキセノンはおよそ70%の核実験キセノンと30%の天然地球キセノンを混合したもので、火星のキセノンは大規模な核事象が劇的に変化する前に地球と似ていることが示唆されている。

ブランデンブルク博士は、科学的論文では、火星は「新しいデータに基づいて、地球のような気候の時代に、生物学的進化が長らく人間型文明がいくつかの跡に遺跡を残している証拠である、Cydonia Mensa and Galaxiasカオスは最も集中的に調査された2つのサイトです。これらのサイトからのデータは、火星に関する古代の先住民的、ほぼ青銅器時代の文明のCydonian仮説(Brandenburg、DiPietro、and Molenaar、1991)の基礎を形成した。

 

そして奇妙なことに、毎日火星からの送られてくる新しい画像には、その表面に奇妙なものがあることを証明してます。ここ数年の間に、火星からの無数の画像が世界中の外国人ハンターによって分析されました。彼らの中には、火星の表面に人工的に作られた構造物があるように見えるものがあります。

冗談はさておき、火星で発見されたものの中には、「何百万年も前に火星に生命が誕生、発達し、その生命体が最終的に抹殺されたらどうなるだろう? 私たちは今日そのような痕跡を見つけられないだろうか?」

NASA火星偵察探査機から送られてきた画像には、奇妙な「構造」で覆われた火星の表面上の領域を示しているものがあります。

NASAのMROは、火星の表面に奇妙な形をした「クレーター」の多数の画像を撮影しました。画像は「二次クレーター」で覆われた表面を示していますが、天文学者は、どのように隆起し、それが広がったのか非常に神秘的な問題として認識しています。

NASAの科学者は、声明の中で、「二次クレーターは一次クレーターから高速で排出された岩石から形成され、その後 大地方にはるかに小さなクレーターをたくさん作るために十分な高速度で地面に衝突した。しかし、このシーンでは、二次火口噴出口には彫刻のような形成が確認できます。

 

NASAは、この謎に対する決定的な答えはないと認めています。”1つのアイデアは、Zunilの影響が発生したとき(約100万年前)、その地域は厚さ1〜2メートルの塵や火砕物のような細かい物質の層で覆われていたということです。風による後期の侵食から細かい層ができた」とNASAは発表しています。

火星からの上のイメージに加えて、火星表面上の他の領域は、同じように奇妙な「構造」を示しています。

UFOや超常現象を研究しているものは、遠い過去に火星の表面に古代文明が存在した可能性があるという決定的な証拠として、これらの構造に注目しています

火星の赤道の近くのエリシウムプラニティアの近くには、古代の火星に文明があった可能性について議論が始まった発端となる、一連の構造物があります。「議論の余地がある」その画像は、NASAの火星探査オービター-MROでも撮影されました。