※ざっくり言うと※
・宇宙からやってくる謎電波にエイリアンの可能性がある。
・その電波は星間宇宙船が発してるとしか思えない超自然なもの。
・「もしもし。ねえ、誰かいないの?わたし、どこまで行けばいいの?わたし、さみしいんだよ。」(ほしのこえ並感)

ハーバードの科学者たちは、私たちが不可解な電波と見なすものは、ひょっとしたら高度な技術の証拠かもしれないと主張しています。「地上の観測者は、その惑星、星、銀河がすべて私たちと相対的な動きをしているため、簡単なフラッシュが見えます。結果として、ビームは空を横切って掃引し、ちょうど私たちの方向を指します。観測はされるものの、激しい天体物理的事象では説明できない繰り返すビームの出現は、その人工的起源に関する重要な手がかりを与えるかもしれません」と専門家は示唆しています。

ひとびとは、自分たちが宇宙で孤独であるかどうかを知りたがっています。しかし、この質問は最近少し変わってきました。私たちは本当に太陽系にいるのでしょうか?私たちは、自分自身に新しい質問を尋ね始める必要があります。少なくとも、宇宙の各銀河で、宇宙の生命が発達すればどうなるでしょうか?

テクノロジーが進歩するにつれて、自分たちの太陽系だけでなく、宇宙全体を探求できる私たちの能力もますます高まります。

ここ数十年で、私たちは、太陽系がこれまでに想像していたよりもずっと神秘的であることを発見しました。私たちの近隣の惑星である火星が、今まで考えていたよりもずっと地球に似ていることを発見しました。さらに、私たちは最近、土星の衛星エンケラドゥスが、生命の繁栄に必要なすべての必要条件を満たすことを発見しました。

木星の衛星エウロパもまた、人類が存在するために必要なすべての要件を満たすと考えられています。とても魅力的に見えますがどうでしょう?今、冥王星の軌道を越えられることを想像してみてください!

専門家によると、私たちの太陽系の最外縁に潜んでいる無数の危険物があります。それらのうちの1つは、悪名高い惑星X、別名惑星ナインです。

カルテックの専門家は、海王星を越えて周回する超大質量の惑星が存在するという証拠を見つけました。初期の計算によると、この外来の世界は、1つの軌道を完成させるために10,000〜20,000年も必要とするような周期で太陽を周回します。さらに、推定質量は、地球のおよそ4倍になり、木星、土星、天王星、および海王星の次で、5番目に大きい惑星になります。

私たちの周りの謎と私たちの太陽系は、密接に関係しています。

先ほどの話題に戻ると、高速ラジオバーストは、非常に短く、非常に強力な電波です。これまで、専門家は何が原因で発生しているのか分かりませんでしたが、そこにはいくつかの理論があります。

フリストFRBは2007年に発見されましたが、今年だけでも遠くの銀河で、その起源を正確に指摘されています。

現在、私たちはそのようなものを作り出すことができる天文学的現象を知りません。しかし、いくつかの「自然な」説明があります。

なぜエイリアンなのでしょう?この理論は、ハーバードの科学者アビ・ローブ氏とマナスヴィー・リンガム氏によって提唱されました。我々は、地球上の人類が探究し始めた巨大な技術を、実際に見ているかもしれないと主張しています。

専門家は、非常に高度な外文明であるエイリアン文明が、現在の技術的理解をはるかに超える巨大な宇宙ベースの構造を開発した可能性があると主張しています。これらの先進的な外文明は、宇宙を横断して大量のエネルギーを発生させるのに役立つ技術(人類が遭遇したもの)を使用している可能性があるのです。継続的加速による星間移動速度に達するために。

ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのアビ・ローブ教授は、「急速な電波バーストは、短距離と遠距離での発射が非常に強く、残念ながら発生源を特定することはできませんでした。人工的な起源も検討し、チェックする価値があります。」と言います。

専門家によると、ラジオバーストは本質的に、この船舶が宇宙の遠方を旅するのを助けるだろうとしています。これらの巨大な宇宙船は、最大のクルーズ船の重量の約20倍、およそ1億トンにもなります。

「…なぜ最初にそのようなものを作るのでしょう?このようなパワーに相応しい使用方法として、星間太陽帆を推進していると考えられます。それに関係する電力量は、百万トンのペイロード、すなわち地球上で最大のクルーズ船の約20倍を必要とするでしょう。」と専門家は主張します。

「それは、星間距離や銀河間距離にわたって生活している乗客を運ぶのに十分な大きさです。」とリンガム氏は結論づけました。

さて、あなたは、ラジオバーストは宇宙人の仕業だと思いますか?

ハーバードの科学者たちは、私たちが不可解なラジオバーストと見なすものは、高度な技術の証拠かもしれないと主張しています。ローブ氏とリンガム氏の考えは、このエイリアン技術の証拠が、地球上に短時間のエネルギーとして現れることを示唆しています。

しかしそれはまだまだ仮定の理論です。

ローブ氏はこれまでのところ、これは単なる推測にすぎないと認めています。彼は、その速いラジオバーストが宇宙人によるものだと本当に信じているかと尋ねられたとき、こう答えました。「科学とは信念の問題ではなく、証拠の問題です。時間が解決する可能性が高いものを決めつけてしまうことは、未来を制限してしまいます。一旦アイデアをそこに置き、データを精査することはとても価値があることなのです。」