※ざっくり言うと※
・やっぱり地球はエイリアンに侵略されている!(白目)
・具体的に言うと、侵略というより共存している
・「現在、地球には、数百種類の異星人が行き交い生活している。気づいていないのは地球人だけなのだ—」(レベルE)

何世紀にもわたって「神」として誤解されていますが、大昔から地球を訪れてきた最も敵対的なエイリアンが3種族存在しています。

私たちが宇宙で唯一の生命体ではないという考えは、科学者だけでなく、哲学者、歴史家、そして何世紀にもわたる専門家の想像力と関心を捉えています。

宇宙人の生態について語ったのは、イタリアのドミニカ共和国の哲学者、数学者、詩人、宇宙論者のジョルダーノ・ブルーノ氏です。

彼は、宇宙学のある理論を発表しました。概念的には全く新しいコペルニクスモデルを拡張したものです。

また、自分たちの外惑星に囲まれた遠い太陽が存在し、これらの惑星が生命体(宇宙の多元主義として知られている哲学的位置)を育てる可能性も提起しました。

宇宙は実際に無限であり、その中心に天体が存在しないとも主張しました。

ブルーノ氏は次のように述べています。「数え切れないほどの太陽が存在し、無数の地球はすべて、我々の持つ7つの惑星システムとまったく同じ方法で、その太陽の周りを回転しています。それらはとても大きいものの、光を発する太陽だけが見えるため、我々には見えません。それらの惑星は相対的には小さく、光を発していないため見つけにくいのです。宇宙の無数の世界は、我々の地球よりも悪くないし、居住する生命体も少なくありません。我々と同じくらい壮大で、おそらくもっと太陽の光を楽しむ豊かな世界です。我々の地球と同様の、あるいはより次元の高い住人は存在していないと考えることは、全く不合理なのです。」

ジョルダーノ・ブルーノ氏は、1600年にローマのカンポ・デ・フィオーリで火あぶりになりました。

しかし、彼はエイリアンの生態について話した唯一の人ではありません。何世紀にもわたって無数の学者が、他の知的生命体について疑問に思っています。

「ある文明が我々を非常に長い間監視してきたという、沢山の証拠があります。どのようなタイプにしろ、伝統的な物質主義的西洋的な見方からすれば、彼らの外見は奇妙です。これらの訪問者が意識の技術を使用し、トロイダル(円盤)を使用し、推進システムに共回転磁気ディスクを使用することは、UFO現象の共通点であるように思われます。」(出典)元NASA宇宙飛行士、元プリンストン物理学教授ブライアン・オレアリー博士(故人)

今日、テクノロジーがこれまでになく宇宙を探検できるようになった現在、多くの人々が私たちが宇宙で孤独ではないと確信しています。それだけでなく、世界中の何百万人もの人々が、今日までに、私たちの惑星出身ではない存在が訪れているとも信じています。

技術的に何千年も先をゆく先進的な文明が、何世紀にもわたり人類の発展に非常に重要な役割を果たしてきました。

これらの存在は誰でしょう?彼らは友好的でしょうか?それとも敵対的?もしそうなら、彼らはどこにいるのでしょう?

私たちの銀河系と同じくらい古い銀河が少なくとも1億個あり、銀河1個あたり平均100億個の太陽があることを考えると、地球の周りを周回する地球に似た惑星を持つ星雲の大半は、知的生命体をほぼ確実に有していなければなりません。

多くの人々は、銀河1つ当たり少なくとも1つの知的文明があるというのが妥当だという意見に同意するでしょう。銀河系を計算すると、少なくとも1億個の銀河が存在するのです。

UFO研究家と超常現象の研究者は、今まで地球全体に訪れてきたことに同意しています。この主張を支持する、十分かつ歴史的証拠があるのです。

世界中の多くの古代文明により、「神」と混同された「非常に高度な存在」が、どのようにこの星を訪れて地球を訪れたかを示しています。

 

アヌンナキ

古代メソポタミアの歴史を見れば、いわゆる「アヌンナキ」の証拠が見つかります。

アヌンナキは、人類の創造者であると考えられています。これらの偉大な神々は、遠い過去に地球を去り、いつの日か、地球に帰るだろうと言いました。奇妙なことに、世界中の古代文化を見ると、創造主たる神々の大部分は、一度地球を離れ、いつか帰ると約束しているのです。

後のアッシリアとバビロニアの神話によれば、アヌンナキは兄弟姉妹の神であるアヌとキの子どもであり、バビロニアの創造神話エヌマ・エリシウスに登場します。賢者ウトナピシュティム(旧約聖書におけるノア)による洪水の話では、ギルガメシュ叙事詩にアヌンナキが言及されているそうです。それによると、アヌ、エンリル、エンキ、ニンフルサグの4人の主神がいるそうです。

多くの研究者は、数多くの発見に基づき、約43万2000年前のペルシャ湾に、私たちの太陽系にある謎の惑星から高度に発達した文明アヌンナキ(「天から降った人々」)が来たと考えています。彼らは、金を採掘するのを助けるために奴隷として「人類」を作りました。最終的にアヌンナキは、後日帰ることを約束し、創造物を残して地球を去ったそうです。

 

ザ・グレイズ

グレイエイリアンは、21世紀の最も有名なエイリアン種の1つですあり、2種類存在します。スモールグレイは、非常に大きな頭、アーモンド形の目、小さな体を持っていると言われています。彼らは、トールグレイとして知られる、他の種のクローンと言われています。UFO研究家によると、彼らの総数が実際には非常に少ないため、そのような多くのクローンを持っているのです。

彼らはアーモンド形の目を持ち、最も一般的には「アブダクト」と関連しています。UFO研究家の中でも特に「専門家」は、人類がこれらの存在と秘密協定を結んでいると信じています。

彼らは、オリオンの星座と星系ゼータ・レティキュリから来ていると言われています。

多くの人によると、その人口は少なく、彼らの中には多数のクローンが散在しています。これらの存在は、ロボットのように振る舞い、魂が欠けていると言われています。

報告書によると、1950年代の間に、米国政府はグレイ・エイリアンと秘密協定を結んだそうです。私たちは非常に高度なエイリアン技術を身につけましたが、緑色の光を受けて人類を拉致し、人体実験を行いました。

古代スメリアにはいくつかの彫像があります。また、ヨーロッパやオーストラリアでは、洞窟壁画が見つかることがあります。そこには、大きな丸い目を持つ三角形が描かれています。

オーストラリアのキンバリー地方の洞窟壁画(数千年前と考えられている)は、これまでに発見されたグレイの最も初期の描写である可能性があります。

地元の伝説によると、この壁画の登場人物は、夢の中に登場して住人に影響を与える、降雨の神で古代の霊ウォンジナだということです。グレイズの意識に接続可能なことを示しているのでしょうか?

 

レプティリアン

歴史のなかで、私たちは、地球上で私たちの間に生きているこれらの変な生き物についての話を聞いてきました。過去と現在の両方において、レプティリアンの存在についての非常に多くの物語があります。私たちの惑星に、まるで時間の始まりとともに存在するかのようです。彼らについての歴史上の物語は、この現代社会においてますます頻繁になってきています。半世紀、あるいは何世紀にもわたってレプティリアンの存在についての話がありましたが、これは単なる人間の想像力の結果であるのか、それとも私たちの歴史を征服したこれらの奇妙な存在が実在するのかはわかりません。

歴史を振り返ると、私たちは先祖たちが崇拝していた奇妙な生き物について、いくつかの話を見つけます。南アメリカでは、「ケツァルコアトル」「ククルカン」は、爬虫類の神として礼拝されています。 ケツァルコアトルはナワトル語に由来し、「羽ばたき蛇」を意味するメソ・アメリカの神です。「羽ばたき蛇」の崇拝が最初に知られたのは、紀元前か紀元1世紀のメキシコ・テオティワカンにおいてです。

UFO研究家によると、彼らは高さ約4メートル、優れた戦士として知られ、非常に階層的で競争力のある政治/軍事システムを持っています。彼らはまた、素晴らしい精神力を持っており、恐怖や憎しみのような否定的なエネルギーを食べているので、以前は「悪魔」とみなされていました。