※ざっくり言うと※
・ヨーロッパで38,000年前の彫刻が発見される
・これによりヨーロッパの古代人に関する分類が変更されるかも
・農耕より先にグラフィックアートが生まれてることが地味にすごいと思う(小並感)

専門家は、3万8000年前に何者かが南フランスで石灰岩の石板に、行と点を彫刻していることを発見しました。

その40年後、石灰岩スラブは専門家によって分析されました。ヨーロッパに住む最初の現代人への、まったく新しい情報となりました。

フランスにあるヴェゼール渓谷のアブリ・ブランチャードは、興味深い石版を発見しました。20世紀初頭に発掘されたこの遺跡は、ユーラシアの最も古い遺跡の1つです。アングラニア文化の豊富な人工遺物であり、43,000〜33,000年前のものだとフォックスニュースで報告されています。

「この発見は、ヨーロッパの最初の現代人が、大陸を越えて西と北に分散した時に、ヨーロッパ全体にわたるアートと装飾の地域パターニングに関する新しい情報をもたらすでしょう。」とニューヨークの大学人類学者ランドール・ホワイトは述べました。プレスリリースで2012年にアートワークを明らかにしました。

考古学的遺跡を掘削する専門家は、動物の歯、穿孔した貝殻、象牙と石石のビーズ、およそ4万年前に作られた多数の彫刻と絵画を発見しました。

多くの専門家はこれを歴史の転換と見なしています。

「アフリカからの到着後、最古の現代人グループは、西ヨーロッパと中央ヨーロッパに定住し、より地域的な特徴が目立つようなグラフィック表現に幅広い共通性を示しました。」

「このパターンは、地域レベル、グループレベル、個人レベルでの社会的アイデンティティの象徴として、芸術や個人的な装飾が見られる社会的地理学モデルに適しています。」

この研究では、専門家は次のように書いています。

「この彫刻は、ブランチャードの古い掘削跡から出てきた彫刻された石版の再分析によって補強された、ショーヴェとの重要な技術的および主題的な類似点を示しています。」

科学者たちは言いました。

「我々は、オーリニャック文化を分散させることは、より多くの地域化された特徴のある、数が目立つような図式表現において幅広い共通性を示していると主張します。地域、グループ、個人レベルでのアイデンティティの、重要な構成に焦点を当てた社会的地理モデルによく合うパターンなのです。」