※ざっくり言うと※
・死後の世界は存在するのです(故丹波哲郎)
・具体的に言うと、死ぬことにより活性化する遺伝子が存在する
・死んでも髪とか伸びるし

科学者たちは、新しい研究で死後の「生命」があることを確認し、「画期的な」発見をしました。専門家たちは、「胎児の発育遺伝子を含め、人は死んだ後に様々な機能を持つ数百の遺伝子が目覚める」としています。

科学者は、人が死亡した後、実際に死後の世界に入り込み、人を死から戻すために戦う特定の遺伝子が存在することを発見しました。

科学者たちは、遺伝子発現が、機能遺伝子産物の合成に、遺伝子の情報を使用する過程であることを発見しました。これらの産物は、宿主を元気に戻そうとする際に、特定の遺伝子のタンパク質の増加を引き起こすことが多くあります。

これは、いくつかの遺伝子のスイッチが入り、動物が死亡した後も長く活動し続けるために、十分なエネルギーおよび細胞機能があることを意味しています。

研究中、科学者はゼブラフィッシュとマウスをモニターしたが、専門家はこの現象がヒトにも存在すると確信しています。

ワシントン大学とアラバマ州立大学のシニア著者ピーター・ノーブル氏はシーカーに次のように語りました。「生物が死ぬと、すべての細胞が死んでいるわけではないのです。」

「さまざまなタイプの細胞は、寿命が異なり、生成時間が長く、極端なストレスに対して弾力性があります。」

「一部の細胞は生存し、自己修復、具体的には幹細胞の修復を試みている可能性が高いのです。」

これらの遺伝子は、崩壊するDNAの残った部分のカオス的挙動とは異なり、「非巻き取り(down-winding)」の様式で上げ下げを繰り返すとノーブル氏は述べています。

専門家は、特定のDNA領域がRNAにコピーされる遺伝子発現の、最初の段階である遺伝子転写が、死後3日までに起こることを発見しました。

ジャーナルオープンバイオロジーに掲載されたこの新しい研究は、胚発生に関連する遺伝子転写が増加することを発見したのです。

ニューサイエンティストによると、機能の異なる何百もの遺伝子が死亡直後に「目を覚まします」。これらには、出生後に通常は止まる胎児発育遺伝子、および以前に癌に関連していた遺伝子が含まれます。それらの活動は死後約24時間でピークに達しました。

ノーブル氏は次のように続けました。「がん遺伝子転写産物を増加させるために、移植臓器を事前検診することは有用かもしれません。」

彼らは、新しい研究によって死の過程をよりよく理解できるようになると確信しています。

「9.11のツインタワーのように、時間が経つにつれて起こる一連の出来事を研究することによって、システムがどのように崩壊するかについて多くの情報を得ることができます。ツインタワーの場合、床の下に影響を与えたときに、一度に1つの床を体系的に崩壊させることができました。」とノーブル教授は付け加えました。

「これは、私たちに建物を支える構造基盤のアイデアを与え、動物の死亡過程においても、同様のパターンを見ることができます。」とノーブル教授は結論づけました。