※ざっくり言うと※
・地球のクローン候補惑星を2つ発見する
・ただし39光年(光の速度で39年かかる)離れています
・ワープ航法あくしろよ

新たに発見された地球外惑星GJ 1132bは、常識を覆す存在です。天文学者によると、GJ 1132bは大気中にメタンと水を含んでいるため、生命の生育に非常に有望です。

宇宙を探索し、人類を救う可能性のある惑星を探している科学者たちは、地球外生命を発見するだけでなく、地球のような惑星に近いという希望のある2つの新しい「ゴルディロックス惑星」に出くわしました。これらの惑星のひとつから、天文学者は空気を検出しています。

地球から約14光年離れたウルフ1061Cと地球から約39光年離れたGJ 1132bは、地球外生命体や地球のクローンを発見したいと望んでいる天文学者にとって、非常に好感触な外惑星です。

これらの遠い世界は。どちらも星のゴルディロックス・ゾーンに位置しています。それは、液体の水が存在するためにあまりに熱すぎず、冷たすぎでもない軌道エリアです。

ウルフ1061cは、Mクラスのレッド・ドワーフを周回する3つの惑星の1つです。有望な部分は、この惑星が居住可能ゾーンの中心に位置していることです。しかし、科学者たちは、それが我々の世界の4倍もあると警告しています。それは、その重力が、私たちの隣の惑星である金星と同様の「暴走温室効果」を作り出す可能性が非常に高いことを意味しています。

一方、GJ 1132bはゲームチェンジャーです。実際に地球のクローンと呼ぶ人もいます。それは、地球よりも50%直径が大きく、ゴルディロックス・ゾーンの暖かい端に星を旋回させています。そのサイズを考えると、「安定した」状況を維持するために必要な条件を持つ可能性が非常に高いのです。

天文物理学ジャーナルの最近発表された研究によると、16ヶ国の強力な政府間天文学機関であるチリのヨーロッパ南部天文台にいる科学者達は、大気中にメタンと水を含んでいるGJ 1132bが非常に有望であると考えています。

主任宇宙物理学者ジョン・サウスワース氏は、サイエンティフィック・アメリカンに次のように語っています。「地球のような質量の惑星は、厚い大気を維持することができます。

「これは、惑星が生命活動を営むことができるかどうかを調べるための一歩です。」

惑星の水を発見することは、非常に興味深いことです。

地球上では、大気中のすべてのメタンの90%が、メタノーゲンとして知られている生物によって生み出されています。この生物は酸素を必要とせず、生き残るために水素に頼っています。

ジュリアン・デ・ウィット研究員は次のように述べています。「M-矮星を中心とした地球規模の惑星の大気を検出することは、居住可能な外惑星探査の重要なステップです。しかし、彼らの星の強い活動の潜在的な歴史のために、彼らが常に大気を維持することができないかもしれないという懸念があります。

「大気のある惑星を見つけることは、私たちに希望を与えるでしょう。」

近い将来、より大きな望遠鏡により、惑星の大気を通過する光の、より高解像度の画像を観測できるようになるでしょう。