※ざっくり言うと※
・宇宙の謎を解き明かせる(かもしれない)新しい周期表が誕生
・でも覚え直すの大変ですよね
・水兵リーベ僕の船

米国の天文学者は、宇宙のほぼすべての起源を説明する驚異的な新しい周期表を作成しました。この周期表は、中性子が合体するような宇宙のさまざまなプロセスから、どのようにして作られたのでしょう?フランシスコがどのように作られたか、大量星の爆発、ネオンの製作方法、および低質量星の死滅、ストロンチウムのような要素の作り方等々。

ジェニファー・A・ジョンソンは、周期律表に創造的なひねりを加えることによって、他のレベルまで引き上げました。天文学者は、各要素の起源を強調し、私たちの周りのすべての視点を完全に変えたのです。

説明されているように、平均的な人間はおよそ7つの10の27乗の原子(7,000,000,000,000,000,000,000原子)で構成されており、その大部分は水素です。

ジョンソン氏が説明しているように、水素は実際には私たちの世界で最も共通の要素であり、約13.4億年前にビッグバンによって作られたと考えられています。

氏によると、他の要素は、中性子星の合併など、宇宙のさまざまなプロセスから作られました。フランシスコがどのように作られたか、大量の星の爆発、ネオンやストロンチウムの製作方法、低質量星の死滅など。

この画期的で魅力的なプロジェクトは、ジョンソン博士の不満から生まれました。

スローンのデジタルスカイサーベイのブログ記事を書く博士は、次のように述べています。「ふたりの天文学者が集まると、誰がどの要素を周期的に処理するのかで疲れてしまうのです。そして会話に耳を傾けていたはずの時間が無駄になるのです。」

興味深いことに、セクションの最後には、いくつかの要素がリストから除外されています。

ジョンソン博士は次のように述べています。「Tc、Pm、およびUを超える要素は、長命または安定同位体を持ちません。」

「私はこのプロットでU以外の要素を無視していましたが、TcやPmは含まれていませんでした。私は灰色で表示しました。」

面白いことに、同様のプロジェクトがウィキペディアにもアップロードされていましたが、ジョンソン博士はそのテーブルの情報の一部が間違っていると指摘しています。

「大質量星は、核崩壊超新星としての命を(少なくともある程度は)終わらせています。低質量星は、通常、白色矮星としての生活を終わらせます。しかし、時には、別の星を持ったバイナリ系の白色矮星が、伴星から不安定になり、いわゆるタイプ-1aの超新星として爆発するのに十分な質量を得ることがあります。」

Wikipediaのグラフィックで「超新星」と呼ばれているものは、はっきりしていません。Liの情報が正しくないのです。[同位体] Liは、実際には宇宙線が他の核に当たってそれらを分解することによって作られています。

しかし、一般的なLi同位体のほとんどは、大質量の星で問題なく、星が死ぬと宇宙に噴出します。また、ビッグバンで作られたLiもあれば、宇宙線核分裂による小さな部分もあります。」とジョンソン博士は付け加えました。