※ざっくり言うと※
・アメリカ軍には宇宙艦隊があるよ
・漫画【MOONLIGHT MILE】定期
・誰もそれを知らないのは何かが光って記憶が消

近年、米軍史上最大のセキュリティ違反の結果を支持する多数の主張があります。報告によると、米海軍とNASAは完全に運用可能な宇宙艦隊を持っているそうです。興味深いことに、これらの「告発」は、上院議員のダニール・K・イノウエ氏のような、高名な人々によって裏付けられています。「独自の空軍、独自の海軍、独自の資金調達メカニズム、およびすべての小切手と残高がなく、法律自体がなく、国益に叶うアイデアを持っているのです。」

彼らは真実がそこにあると言います。しかし、どこにあるのでしょう?そして、エイリアンの生態、UFO、地球外の技術について、何が本当で何が事実ではないのかを区別するには、どうすればいいのでしょう?

真実は、今日の社会では、実際のものとそうでないものを分けるのは薄皮1枚ということです。

ここ2、3年で、世界中の政府が非常に高度な技術を利用していると言っている数々の「内部告発者」が出てきています。つまりそれは、エイリアンの技術なのです。

エイリアンの生態とその存在に関する最高の引用符の1つは、ポール・ヘライヤー氏(元カナダ国防相)と、カナダ軍として知られるカナディアン・エアフォース、アーミー、ネイビーの軍を統合する責任者から来たものです。ヘライヤー氏は言いました。

「数十年前、他の惑星からの訪問者は、我々人類がどこに向かい、どうしたら助かるのかについて警告しました。しかし、その代わりに、私たち、または少なくとも私たちの一部は、彼らの訪問を脅威と感じ、最初に撃ち、質問をした後に排除することに決めました。そして、私は、最高司令官として、密かに議会に対して何千億ドルも費やされました。」(ソース

しかし、エイリアンの生態と地球外の存在について語るために逃げ出したのは、ヘライヤー氏だけではありません。実際、多数の宇宙飛行士や元宇宙飛行士が同じことをしてきました。

NASAの宇宙飛行士であるブライアン・オライリー博士とプリンストン物理学者の教授は、

「文明は、伝統的な物質主義的で西洋的視点から見て非常に長い間、私たちを監視してきたという証拠が豊富にあります。これらの訪問者が思念の技術を駆使し、UFO現象に共通しているように見える彼らの推進システムのための共回転磁気ディスクや、ドロイドを使用しています。」(ソース

これらの人々は嘘をついているのでしょうか?また、彼らの言葉は誤解されているでしょうか?
さらに話は続きます。

元NASA宇宙飛行士で航空技術者、7人いるプロジェクト・マーキュリーの宇宙飛行士のうち、米国の最初の有人宇宙計画の試験パイロットであるゴードン・クーパー氏は、次のように述べています。

「私の意見では、誰かがこのような能力の車両を持っていることを知られれば、パニックになるのではないかと心配していたと思います。そして、私は彼らが別のうそを隠さなければならないと思います。あなたも知っているように、彼らの最初のうそを隠すために別のうそを言い…今、彼らはそのループから出られなくなっているのです。今後、すべての行政が多くの真実を語り、隠したことを認めて恥ずかしくなるでしょう。」(ソース

話は続きますが、今度は別の記事となります。

上記に加え、最も論争になっている告発者の1人は、間違いなく米国ペンタゴンの秘密ファイルを何らかの形でハッキングしたゲイリー・マッキノン氏です。

ハッキングの後、マッキノン氏はいくつかの驚くべき主張で、秘密の軍事データベースのコンピュータで遭遇したことについて語りました。

明らかに、米海軍とNASAは、完全に運用可能な宇宙艦隊を持っています。

マッキノン氏は、彼が出会った最も珍しいファイルの1つに、地上の役人の情報を列挙したエクセルスプレッドシートだと語りました。

しかし、何度も言及したように、マッキノン氏が言ったことは、いくつかの異なる方法で解釈することができます。しかし、多くの内部通報者とUFO研究者は、一つ確実なことに同意しています。これらのリストの「役員」は、地球の惑星上には存在していません。

興味深いリストに加えて、マッキノン氏は、10隻の軍艦で構成された 「秘密の宇宙艦隊」のリストを見つけました。その名称すべての頭にUSSが付いています。

マッキノン氏は、この秘密の宇宙艦隊が米国政府によって運営されていると考えています。

「私は、『地上勤務ではない』と書かれたエクセルのスプレッドシートを見つけました。そして、私は『マジかよ』と思いました。」

多くの人々が、マッキノン氏の主張の正当性について疑問を呈しています。しかし、真実は、実際に起こっていることをより深く理解するために、過去に他の人が言ったことを見るだけでよいのです。

面白いことに、アメリカの歴史上最も高位に就いたアジア系アメリカ人政治家ダニエル・K・イノウエ上院議員は言います。

「『自国の空軍、自国の海軍、自国の資金調達の仕組み、すべての小切手と残高がなく、法律自体も持たず、国益に叶う独自のアイデアを追求する能力』を持つ、影の政府が存在しているのです。」(ソース

イノウエ上院議員に加え、NATO軍事委員会の会長であるヒョノートン元参謀長(王立海軍5スター提督)は、

「私たちが配備可能なものよりも技術的に進んだものが、実際に存在し、ここに来るのを止める手段はありません。そして、私たちは、何年もの間、宇宙や他の文明からの来訪者に訪ねられているのです。これらの生命体のうちのいくつかが将来的に、あるいは今現在、敵対的になりうるし、彼らが誰でありどこにいるか、そして彼らが何を求めているかを知るためにも、これは、厳しい科学的調査の対象であり、大衆的タブロイド紙による『オモシロ記事』の対象ではないはずです。」(ソース

このフィクションの事実とはなんでしょう?話すことは非常に難しいかもしれません。UFOやエイリアンの生態、そして非常に先進的な技術についての、すべてのことが社会に伝えられていないことを、少なくとも部分的に指摘する豊富な証拠があることは興味深いことです。

実際に、そのような秘密の宇宙艦隊が存在する場合、私たちがそれに気付かないことなどあるのでしょうか?アマチュアの天文学者がちょうど今、艦隊の存在に気づいていない?このようなものが存在しているのに、空や月の近くでそれを誰も見つけていない?