※ざっくり言うと※
・DNAを解析できるようになった結果、新しい種族の製造も可能に
・遺伝子組み換え食物はだいぶ前からあったりする
・生の始まりは化学反応にすぎない(ノヴァ教授)

科学者たちは、文字通り初めて生命のコードを変える合成DNAを創造し、新しい「新型生命体」を創り出すことに直面しています。

技術が進歩するにつれて、科学者は以前は不可能であったものを達成することができます。今、科学者は、遺伝コードの拡張を管理した後、新しい生命体を作り出す手前まできています。

米国の科学者は、天然の細菌には存在しない分子を加えるために、一般的な大腸菌微生物の遺伝子を操作することができました。

地球上の長い歴史の中で、G(グアニン)、T(チミン)、C(シトシン)、A(アデニン)の4つの主要文字と結合したDNAで人類のコードがプログラムされています。これらはDNAらせんと一致し、最終的に私たちにユニークなコードを与える分子です。

しかし、科学者たちはこのコードを拡張し、XとYと呼ばれる新しい分子を2つ追加して、完全に新しい生命体を作り上げました。

理由は医学のため

革命的なプロジェクトの背後にいる専門家は、バクテリアが最終的に異なる治療法で使用できる新しい形態のタンパク質を作り出すために、合成DNAを作り出したと述べています。

画期的な成果について、カリフォルニア州ラホーヤのスクリプス研究所(Scripps Research Institute)のロムスバーグ博士は次のように述べています。

「あなたのゲノムは、生涯にわたって安定していなければなりません。半合成生物が実際に生物になる場合、その情報を安定して維持することができなければなりません。地球上の生物多様性は、ATとCGの二組のDNA塩基だけで構成されています。しかし、我々が作ったのは、これらの2つと第3の自然ではない塩基を安定して含む生物です。」

これは、情報を保存するための他の解決策が可能であることを示しています。もちろん、新しい医薬品から、新しい種類のナノテクノロジーに至るまで、多くのエキサイティングなアプリケーションを持つ拡大DNA生物学に近づくことができます。

次のステップ

しかし、プロセスはそこでは終わりません。実際に、国立科学アカデミー紀要で発表された研究によれば、次のステップは、「人工または非天然のDNA」が細菌のRNA分子に転写され、無数の可能性を開くかもしれないことを証明することです。研究者が、細菌の未来の行動を制御できるようにする可能性があるのです。どうでしょう?恐ろしいですか?

ロムスバーグ博士は次のように結論付けています。「原則として、タンパク質治療薬や診断薬や実験用試薬に求める機能を与えるために、これまで以上に大きな力を持つ新しい非天然アミノ酸から作られたタンパク質を作成することができます。」

「そして、ナノマテリアルなど、他のアプリケーションも開発可能です。」