※ざっくり言うと※
・古代アトランティス文明は紀元前9,600年、青銅器時代は紀元前3,500年頃から
・初期のガレー船は紀元前3,000年頃から登場
・初めて買ったファミコンソフト【アトランチスの謎】はクソゲー

アトランティスは、おそらく地球上で最も魅力的な「神話」の都市/大陸の一つと考えられています。ジェームス・キャメロン監督が制作したドキュメンタリー「アトランティス・ライジング」は、アトランティスの失われた都市/大陸がリアルであり、大規模な船舶が青銅器時代に停泊することすらあったとしています。

錨は幅83cmもあり、その中央に穴が開いていて、専門家によると、海底に船着き場や防波堤の証拠が残っています。

ハートフォード大学のリチャード・フロイント氏は、次のように述べています。「本当に素晴らしい発見です。この錨には非常に興奮できます。これは、3,000〜4,000年前の錨です。非常に大きな古代の船が、4,000年も前にこの地域を航海していたことを示しています。

失われたアトランティスの都市/大陸は、哲学者や歴史家・考古学者の間で2,500年以上に渡って議論の対象となってきました。その都市/大陸は、プラトンにより、紀元前9,600年頃のどこかに、見たことも聞いたこともない、一晩で沈んだ強大で高度に発達した王国として描写されました。

“激しい地震と洪水により、不幸にも一晩で…(中略)…地球とアトランティスの島々によって飲み込まれ…海の深みに消えた。” – プラトン。

ギリシアの哲学者プラトンによると、古代アトランティスは、息子のアトラスをこの神話の土地の王にした神ポセイドンによって保護されていると伝えています。古代アトランティスは、非常に発展しましたが、倫理的な問題に苦しみました。彼らの偉大な軍隊は、アフリカからエジプトやヨーロッパまで征服することができました。ある理論によると、この「大陸」がある日一晩で沈没したのは、神の罰によるものとされてます。

「アトランティス・ライジング」によると、ジブラルタル海峡にある大規模な「石の錨」の発見は、プラトンによって記述された強力な古代文明が実際に存在した可能性があることを示唆しています。

ナショナル・ジオグラフィックによる新しいシリーズでは、失われた帝国の壮大な探求を描いています。エーゲ海サントリーニ島から北大西洋アゾレス諸島に至るまで、失われた文明に関する文献や考古学的発見に基づく理論を検討、比較しています。

アトランティスの歴史

古代の文学や民俗学を調べると、アトランティスについての最初の文章は、紀元前4世紀のギリシャの哲学者プラトンによって書かれた有名な「対話」から来ていることがわかります。

プラトンは、アトランティスの物語が、彼の祖父によって渡されたことを伝えました。その祖父は、ソロンと呼ばれるアテナの政治家から古代アトランティスに関する話を聞き、ソロンは、アトランティスが9,000年前に存在していたと主張するエジプトの司祭から学びました。

地理的な説明によると、アトランティスの土地は、同心円の土地と水に分かれていました。温泉と湖がある中央島に、2つの陸域と3つの水域が囲まれていました。

映画【タイタニック】のジェームズ・キャメロン監督が製作したドキュメンタリーは、失われた都市の位置を明らかにするために、プラトンの文献を描いています。

このプログラムでは、アトランティスの謎を解き明かすために多くの場所を探索します。

映画監督シムカ・ヤコボビッチ氏は、IBTimes UKに語りました。「我々はこの資料に立ち返り、アトランティスが宝の地図として描かれた経路を使って、街の特徴を既存の場所と比較しました。」