※ざっくり言うと※
・ひととブタのハイブリッド胚が作られた
・ひとのDNAが多すぎると人面豚も作成できる模様
・飛べねぇ豚はただの豚定期

科学者たちは、初めて、人間の部分からできるブタ胚を作りました。ただし、あまりにも多くのヒトDNAがブタの胚に注入されると、「ヒトの脳」またはヒトの顔をもつブタが作られる可能性があることを警告しています。

国際的な科学者チームは、セル・ジャーナルに掲載された実験のおかげで、人間と豚の「キメラ」を作り出すことに成功したと主張しています。

研究者チームを率いるフアン・カルロス・イズピスワ・ベルモンテ氏は、この研究の目的は「移植可能な機能性組織または器官」を作り出すことだと語ります。

彼らの実験を実行するために、科学者は、開発の初期段階で、ヒト幹細胞をブタの胚に注入し、約2,000のハイブリッドを作って移植し、雌ブタの中で栽培し、186株を「キメラ」としました。

そこで彼らは動物の妊娠の第1期に相当する28日間生育、胚が子豚になるというプロセスを終了し、胎児を抽出しました。

研究者らは、ブタの胚の内部で増殖したヒト組織の量は極めて少ないと主張しています。

ベルモンテ氏は、キメラが、成熟したキメラ動物に関連する倫理上の懸念なしにそれらを分析できるくらい発達していると主張しています。

ヒト細胞を含む動物の誕生は、科学界の外で懸念を引き起こす可能性があります。「社会はどうすべきかを決める必要があるのです。」と彼は言います。

科学者らは、あまりにも多くのヒトDNAがブタの胚に注入されると、「ヒトの脳」または人面ブタを作製する可能性があると警告しています。

ヒューマン・ジェネティクス・アラートのディレクターであるデビッド・キング博士は次のように述べています。「私はこれらの実験には不安な要素があると考えています。」

「神話では、人間と動物のキメラは、ちゃんとした理由で恐ろしい怪物でした。私は、これらの科学者が、このような実験に先立ち一般の意見を求めていることを聞いたことがありません。」

「私は、ブタで生産された人間の器官や組織が、ブタウイルスを人類に運ぶのではないかと懸念しています。種を混ぜることへの懸念は、人間の精神と、言葉にするのが難しい文化に深く抵触します。これは、自然の知恵の一部ではなく、不遜な科学者に関する分野です。」

イズピスワ博士は次のように述べています。「現時点では、人間の細胞が『イエスかノーか』の問題に取り組むことができるかどうかを知りたかったのです。

「私たちは答えが『イエス』であることを知りました。そのため、次の課題は、効率を改善し、ヒト細胞をブタの特定の器官に導くことです。」