※ざっくり言うと※
・インドの古文書によると6,000年以上前に宇宙船が訪問している
・精神力で動く車や反重力装置もあったらしい
・諸君にラピュタの力を見せてやろうと思ってね(ムスカ)

人類の真の歴史は、主流の学者や歴史書が語ることよりはるかに魅力的です。何千年も前の古文書に書かれている、精神で操作する車両、浮力装置や反重力のような技術、そして他の惑星からの宇宙船についてあなたはご存知でしょうか?

実際には、一般社会が人類の真の歴史や起源を知ることがないように、歴史書からあまり多くのものが除外されています。

多くの人々が、古代スメリアや古代エジプトを地球上で最も興味深い古代文明の2つと考えていましたが、真実は、すべての古代文化が自分たちの方法で美しく、さまざまな側面で文明に貢献していたということです

古代インドを見ると、最も興味深い古文書を多くの人が参照していることがわかります。

古代インドは世界で最も広範な歴史を持っており、ヴェーダと呼ばれる古代文学は、地球上で最も古くから知られている書物の一つです。

興味深いことに、数千年前のこれらの古文書には、6,000年以上前に大陸を訪れた「飛行船」について書かれています。

ヴェーダ・サンスクリット語で書かれたこの古文書は、最も古いサンスクリット文学やヒンドゥー教の最古の経典から構成されています。

多くの人々は、この古文書を魅力的だが同時に混乱させられると考えています。ヴィマニカ・シャストラ(航空科学の文献)には、古代文明に用いられ現代では失われた技術、すなわち精神で操作できる「車両」の素晴らしい詳細が言及されています。
「サンスクリット語の文献を調べたところ、古代インドは飛行機を建設する秘密を知っており、他の惑星から来た宇宙船を真似て作ったことは確かです。」

しかし、これらの魅力的な著作は、精神で操作できる車両に言及するだけでなく、6,000年以上前に地球上に存在していた、浮力装置や反重力、未来的技術のような魅力的な技術を詳しく説明しています。

多くの研究者は、神秘的なヴィマニカ・シャストラを、宇宙や宇宙船、及び星間旅行のガイドブックとして考えています。

ヴィマニカ・シャストラに書かれていることを理解するために、私たちは有名なサンスクリット学者V.ラガバン博士(120冊以上の本を書き、1200件の記事を記し、1966年にサヒティア・アカデミー賞をサンスクリット語で受賞)に目を向けました。

博士によると、これらの魅力的な古代インドの古文書には、何千年も前に私たちの祖先を訪れた他の惑星に住む宇宙人について描かれています

彼は次のように言いました。

「この古代の作品を研究して50年間、他の惑星にも生存者がいることがわかりました。そして、彼らは紀元前4,000年ほど前に地球を訪れていたのです。」

彼はさらに説明します。

「ベダ(聖文)、インドの叙事詩、およびその他の古代サンスクリット語の古文書には、飛行機や、幻想的なSF小説に出てくるような武器についての魅力的な情報がたくさんあります。」

他の多くの学者や著者もラガバン博士に同意しています。マハーバーラタとラーマーヤナには、あらゆる種類の技術を見つけることができるくらいの証拠があります。

バンガロールのインド理科大学院で航空宇宙学の教授A.V.クリシュナ・マーシー博士は「古代インドのヴェーダと他の文献は、航空学や宇宙船や飛行機、そして古代の宇宙飛行士についてふれています。」と述べています。

「サンスクリット語の文章を調べたところ、古代インドは飛行機を建設する秘密を知っており、他の惑星から来た宇宙船を模して製造していたと確信しています。

どこに行っても、どこから見ても、この古代の文明は、主流の学者に誤解されている魅力的な詳細を持ち合わせているようです。「忘れられた歴史」を指し示す数多くの古文書があるのです。

古代インドの歴史は、確かに人類史の誤解された部分の一つです。

すべての証拠を見た後、あなたに質問しましょう。今こそ私たちの歴史書を変更すべきしょうか?