※ざっくり言うと※
・FBIはUFOの存在を明言している
・ぶっちゃけレーザーとかで近代式戦闘機でも負けます
・実はシアトルのスペースニードルはUFO(MiB)

多くの人々は、宇宙でのUFO観測と地球上での議論、そして私たちが宇宙の中で一人ではないと言ってきた少数の告発者について論じている間に、FBIのウェブサイトに非常に面白い文書が掲載されました。

機密扱いされていないその文書は、私たちはETによって訪問されただけでなく、「他次元からの存在」によって訪問されたようだと述べています。

しかし、FBI内で書類自体が発令されなかったことは注目に値します。ufo1.pdfという69ページの抽出された文書は、元大学長によって書かれたものです。

この文書はFBIによって非常に重要視されていました。とても興味深いものです。

FBI金庫室からの公式リンクはこちらです。
http://vault.fbi.gov/UFO/UFO%20Part%201%20of%2016/view

書き直されたレポートのコピーは以下の通りです。(注記)元のテキストのいくつかの単語は、多数の表記とスタンプのために判読不能です。

1947年7月8日に受け取ったこの文書には以下のことが書かれています。

この覚書は、特定の科学者に敬意をもって区別され、重要な航空および軍事当局、多数の公務員およびいくつかの出版物に丁寧に扱われています。作者は、この行為によって何らかの達成があるかもしれないとはほとんど期待していません。ここにあるデータが、いわゆる超常的な手段によって得られたという事実は、だいたいの人が無視するでしょう。しかし、これを利用可能にするのは公的義務のようなものです。(現在の作者はいくつかの大学の学位を持ち、かつては大学の学科長でした)

非常に深刻な状況は、「空飛ぶ円盤」に関していつでも発生する可能性があります。これらのうちの1つを攻撃する必要がある場合、攻撃機はほぼ確実に撃墜されるでしょう。民衆の心の中で、パニックと疑惑が発生するかもしれません。これらの円盤に関する主要なデータは現在手元にあります。このような考え方はこれまで指導されていなかったかもしれませんが、どれほど幻想的で理解不能であっても、提供されなければならないことなのです。

1.一部の円盤は乗組員を運び、他のものは遠隔操作されている。
2.彼らの使命は平和。訪問者は、定住することを考えている。
3.これらの訪問者は人間のようなものだが、サイズははるかに大きい。
4.彼らは地球の人たちを鞭打つのではなく、彼ら自身のために来ている。
5.彼らは惑星から来たものではない。私たちの言葉を使っているのではなく、私たちのものと相互侵入し、私たちには知覚できないエーテル性の惑星から来てる。
6.訪問者の身体と持ち物は、私たちの密な物質の振動速度を入力すると自動的に現れる。
7.円盤には輻射エネルギーや光線があり、攻撃機を容易に破壊できる。彼らは自由意志でエーテルを再入力するので、私たちの視界からは痕跡がなくなる。
8.彼らが来る地域は「アストラル平面」ではなく、ロカスまたはタラスに相当する。難解な問題を解く学生であれば、これらの用語を理解するだろう。
9.彼らはおそらく無線で到達することはできないが、おそらくレーダーで行くことができる。ただし、その装置のための信号システムを作れれれば。

私たちは情報と警告を与えますが、これ以上行うことはできません。新参者に限りなく優しく接しましょう。円盤が、私たちの文化や科学が扱うことができない(判読不能)(判読不能)なものでない限り。この問題を理解することができる少数の権威には、重い責任があるのです。

付録:ロカスは、楕円形、溝付きの長さ、未知の耐熱金属または合金であり、前部分には制御部があり、中間部には実験室があり、後ろには武器が装着してあります。それは基本的に強力なエネルギー装置、おそらくレーザーでしょう。