※ざっくり言うと※
・世界中でオリオン座に対するこだわりがある
・なぜならオリオン座から超知識を持つアレがやって来てたから
・オリオンのベルトって猫の首輪じゃね?(MiB)

なぜこの星のパターンが世界の古代遺跡で繰り返されているのでしょう?なぜ古代人はオリオンを宇宙で最も顕著な星座の一つと考えたのでしょう?オリオンは過去に古代人にとって重要であり、これらの長く失われた文明は、信じられないほどの遺跡を建設しました。それらを、地球を模した特定の場所に置くことにより、オリオンの神に敬意を表しました。

天文学者はオリオンをM42と呼んでいますが、古代人類はハッブルのような望遠鏡も使わずに、現代の天文学が生まれる何千年前にこの星座について知っていました。なぜでしょう?オリオンは星が生まれる場所であり、天文学者は「星の苗」と呼んでいます。オリオン座は夜空の中で最も顕著な星形成の一つであり、今日最も有名な星座の一つです。紀元前8世紀の晴れた夜空、ギリシャの半神にちなんで命名されました。その星の連なりは、人間の頭、肩、ベルト、足を形成しています。そこには3つの主星があります。オリオン座イプシロン星、オリオン座ゼータ星、そしてオリオン座デルタ星です。この3つがオリオン座のベルトを作っています。

ギリシャの神話によると、オリオンは、主神ゼウスが星座として星の中に入れた巨大な猟師でした。

古代の資料には、オリオンに関するいくつかの異なる話があります。彼の誕生と死のいくつかのバージョンには、2つの主要な部分があります。記されている最も重要なエピソードは、ボオティアのどこかにおける彼の誕生、そしてメロープに会い、レノノスでの視力の回復、クレテのアルテミスとの狩り。巨大なスコーピオンとなったアルテミスによる刺し傷、そして彼の天国への昇天。ほとんどの古代の物語はこれらのエピソードのいくつかを省略し、いくつかはただ一つだけを伝えます。これらの様々な事件はもともと独立し、関係のない話が加わった可能性があり、本当かどうかは不明です。

エジプトの神話では、実際には神々がオリオン星とシリウス星から降りてきたとしています。それらは人間の形で存在し、オシリス及びイシスと呼ばれ、事実、人類を導いた者たちであると信じていました。

シリウスとオリオンはおそらく、ギリシア人やエジプト人だけでなく、バ​​ビロニアや中南米の他の古代文明、そして北アメリカのネイティブアメリカン部族においても、夜空の中で最も重要な星座の1つなのです。

地球上の最も重要な遺跡の配置が、オリオンの空を模したように正確に配置されているように見えるのは、単なる偶然でしょうか?数千キロ離れた文明によって作られた、オリオンを指し示す構造がよく似ていると現代の学者は指摘していますが、どうでしょうか?これは信じられない確率の宇宙の偶然の一致でしょうか?あるいは、この現象に対する他の世界的なつながり、私たち自身の起源を明らかにする現象があります。アステカやマヤ、古代エジプト人、そして他の古代文明がオリオンを指しているという事実が。

古代エジプト人はオシリスと創造物を結びつけており、一部の研究者は、オシリスとオリオンは実際に同一であるとしています。

エジプトでは、紀元前2,400年にさかのぼるピラミッドの壁に刻まれたテキストが発見されました。30年間支配し、最期はオリオン星系に旅立ったエジプトのファラオ・ウナスの物語です。

いくつかの歴史家によると、それは聖書の星マザロト(Mazzaroth)とされています。サハラ砂漠のドゴン族は、この星を空の中で最も重要な星だと考えていました。古代エジプトにはこれについての膨大な記述を見つけることができます。

当時のこの頃にはこの星座と並んでいた星はありません。ピラミッドの頂点は地理的な極に対応し、ピラミッドの周囲は適切なスケールで赤道に対応します。ピラミッドの各平面は、北半球(90°の球面四分円)の1つの曲線四分の一を表すように設計されています。

テオティワカンの建設は、キナメッツィンの巨人によって行われました。伝説の巨人族であるキナメッツィンは、その時代に世界に住んでいて、生存は隠されていました。キナメッツィンは「雨の日」の時代に創られ、その支配者は雨と稲妻の神トラロックでした。

シリウスはまた、古代エジプトのカレンダーにもあります。エジプトのシリウスカレンダーでは、シリウスの螺旋状の上昇で年が始まりました。

シリウスの真の中心、シリウスBは、非常に高密度な物質で作られています。これは、宇宙の通常あるいかなる物質よりも重く、この小さな星の重さは、巨大な星と同等なのです。

ドゴン族は、私たちが知っているように、シリウスBが「重い」ことを認識し、その「重量」について語っていました。

バビロニア人はオリオンを星座と最高の存在の両方として表現しました。彼らはオリオンの「シパジ・アヌ」という星座を「アヌの羊飼い」または「天国の忠実な羊飼い」と呼びました。なぜならアヌは天の神と見られていたからです

バビロニアの星のカタログには、様々な天体の正確な動きが記述されています。いくつかの研究者によると、これらの粘土タブレットは、バビロンの古代文明が、遠く離れた場所から地球に来た星の旅行者、つまり地球外の存在からの天体知​​識を得ていたという証拠であるとしています。このカタログは、非常に正確な数学的方程式を持つ情報の集まりなのです。研究者たちは、過去の文明が、この種の知識をどのように持つことができたのか、​​という疑問に答えることはできません。