ロシア、モンタナの鉱山地域で、何年にもわたって数々の興味深い発見が発見されました。
最も興味深いのは1976年に発見された10メートル(32.8フィート)の信じられないほどに巨大な巨人のでした。

約5,500年前、古代ギリシア時代に黒海の西にあるトランシルヴァニア地方(現ルーマニア)に住んでいた遊牧民。「アガテュルソス」によって地下ギャラリーが建設されました。

2012年2月、地質学者グループがその鉱山で金の静脈を追跡しました。グループはギャラリーの底に到達するまで掘り続けた結果。彼らは驚いたことに、間違いなくその場所に存在する共通の岩では作られていない、「墓石」を発見しました。地質学者は標本を採取し、実験結果から、墓石の構成要素には、

「ゴールドダストが50%」
「花崗岩が15%」
「ワルフラムが30%」

含まれていることが明らかになりました。また、この分析によって、現代では存在しない技術で複合岩が作られた事が明らかになりました。

 

ハイパーボリアンギャラリー

この驚くべき発見をした場所は、”The Hyperborean Gallery”または “Gallery 13″の名前で知られ、コルネア村の下にあります。このエリアでは1976年に数多くの発見がなされました。しかし、人類の起源、進化論が覆ってしまうほどに、この歴史的な考古学の発見はあまりにも危険であり、衝撃的でしたので、ギャラリーは永久に封印されました。

墓石はこのギャラリー内では「唯一珍しいもの」という物ではありませんでした。考古学者はその墓石の上に、10メートル(32.8フィート)の巨大な骨格を見つけました。どうやら、巨人は死後、脚を片側に集められ、埋葬されていたようでした。この発見を分析するのに必要で適切な設備がないという理由で、巨人の骨はモスクワに送られましたが。それ以来、残念ながら巨人についての報告は何もされていません。

10メートルまたは32.8フィートを測定するスケルトンの発見。(Oculto Revalado A Verdade

2012年に、一連の墓石を分析するための新しい研究が計画されていました。遺物は再び掘り起こされ、測定値は幅6メートル、長さ12メートル、高さは3メートルでした。それは約1700トンの重さで、およそ900トンのソリッドゴールドを含んでいました。

(ソリッドゴールドとは純金の事ではなく、無垢の事です。18金ソリッドゴールドや14金ソリッドゴールドもあるそうです。メッキや金張りではありません)

それほどの量の金を採掘するには、20年以上の期間が必要とされます。この墓石について最終的に知られていることは、輸送を可能にするために80個の小さな小片に切り取ったことです。それらが今日どこにあるのか、知られていません。

ギャラリー13で働く考古学者の一人は、墓石で一連の写真を撮り、それらを古生物学者に送りました。後者は、そのアーティファクトの表面全体を覆うエメラルドグリーンの彫刻に気づきました。

テキストは、左上から始る3つの平行になった行に書かれていました。そこから、蛇と同様のものが斜めに書き進められ、狼の頭の周りに螺旋を形作ってました。そして最後に、その文字は右下隅で終了しました。古生物学者は、この未知の文章はペラシア人のものであると推測し、標章と書かれた発見は、文化的、歴史的価値をはっきりと持っていたと推測していました。それにもかかわらず、無残にも墓石は切断され、すでに溶かされていました。州は地元の金搾取契約で規定されているように19個分の31%のシェアを得ました。

掘削中、墓石を持ち上げると、ピットへの入り口も明らかになりました。4メートル直径のピットには、螺旋階段が下がり、内部から放射される乳白色の光がありました。階段を詳しく点検したところ、ピットの壁がレーザーで切り取られたように見え、紫色の光については誰もその源を特定できないことが明らかになりました。

光の光源を見つけて、研究者は内部に何があるかを、ピットに入る十分な勇気をもった学者は、一人しかいませんでした。その勇気ある古生物学者がピットに降りましたが、夜が過ぎても、ピットから戻ってきませんでした。

最終的に、軍隊はセメントで、ギャラリー13全体もろとも、ピットへの入り口を封印しました。彼らは秘密保持協定に署名していたので、発見したことについて決して話したことはありませんでした。したがって、ピットの階段の先にあるものは今も謎のままです。