※ざっくり言うと※
・エイリアンは、実在する(何度目か)
・証拠はいっぱいあるし馬鹿げてると思わせるよう印象操作もされている
・信じる信じないは、アナタ次第

世界中の専門家によると、82種のよく知られたエイリアンが、現在私たちの惑星とコンタクトをとっています。説明のつかないいくつかの事柄が存在することを示す証拠、すなわち、機密扱いされていない文書や画像や映像が残っています。

今日、地球外生命に関係する「証拠」を探すとき、私たちには3つの情報源があります。
最初の情報源は、エイリアン拉致被害者であり、UFO現象を直接目撃した人たちです。2番目の情報源は、元軍人、政府関係者、科学者を含む、内部通報者。そして3番目の情報源は、無数の秘密情報であり、世界中の多数の政府によって隠された秘密文書です。

21世紀にはこの現象に関する膨大な量の情報がありますが、私たち一般市民は、証言、内部通報者のコメント、さらには秘密文書にも疑問を抱いています。これは主に、インターネット上で無数のニセエイリアン情報が流行しているという事実によるものです。

これから見る3部構成の映像は、古臭くてわかりにくい「ニュー・エイジ・ムンボジャンボ」を抑え、地球を訪れている既知の地球外生命について、信頼性の高い内部通報者の証言を表しています。

告白者として最高の1人は、元カナダの国防大臣ポール・ヘイラー氏です。

ヘイラー氏によると、大昔に地球を訪れ、現在も来訪中のエイリアンは82種以上いるそうです。

さらに、さまざまなエイリアン文明に関する豊富な情報が、高度に分類された機密文書に含まれていると主張しています。それらは、訓練マニュアルまたは軍事情報職員のためのガイドとして使用されているそうです。

エイリアンなど陰謀論にすぎないという多数の主張は、宇宙の大きさを見るだけで、無理があることを示しています。1,000万個以上の星がある私たちの銀河と、1000億以上の観測可能な銀河を持つ私たちの宇宙が、エイリアンの生存に満ちていることに多くの人々が同意するのです。

エイリアンの生存についての引用符がいくつかあります。

「私たちは訪問されており、宇宙から来た人々や他文明によって何年も訪れられている可能性があります。”彼ら”はどこから来て何者なのか、厳密な科学的調査の対象となるべきであり、タブロイド新聞の「ゴミ記事」とすべきではありません。」(ソース) ーー前米国防長官ヒル・ノートン卿、NATO軍事委員会委員長、英国海軍5大提督。

「歴史の裏では、高位の空軍士官がUFOについて心から懸念しています。しかし、公然の秘密とひかやしにより、多くの市民が”未知の飛行物体などナンセンス”であると信じるように誘導されているのです。」ーー元CIA長官、ロスコ・ヒレンコケッタ(Roscoe Hillenkoetter、1960年)(ソース)。
下に3つの映像があります。

見ましたか?どうでしょう?何千年もの間、地球は知的で宇宙飛行可能な外来文明によって訪れられている可能性はありますか?今日まで、これらのうちのいくつかは未だに継続し、私たちの惑星を訪れているのでしょうか?

個人的には、単純に、合理的に説明できないことがいくつかあると思っています。エイリアンによる偽装が沢山あるものの、UFOの目撃や証言や映像・画像は、エイリアンの証拠として専門家に分析されうるのではないかと考えています。