多くの人は、小説家、「ダン・ブラウン」のおかげで、彼女がイエスの妻であるのではと考えています。もちろん、バチカンはそのような考えを強く否定しており、その事実は聖書のどこにも見当たりません。しかし、中世以来、マリアの描写は忘れられていました。

聖霊の不滅

今日まで、聖杯は通常、最後の晩餐でキリストによって使用されたと言われる器とみなされています。聖書によると、イエスは逮捕され、試練をうけ、死刑判決される直前に、弟子たちと最後の食事を共有しました。伝説によると、イエスの信者の一人、「アリマテアのヨセフ」は、聖杯を使って、キリストが十字架に磔にされた際に数滴の血を集め、それを与える事で神聖な力を授けました。それを飲んだ者は、すべての病気を治すことができ、さらに不死を達成することができたと言われました。
ダ・ヴィンチ・コードは、マグダラのマリアの秘密の結婚を通して、イエスの血統の単なる象徴的表現として聖杯を表現したが、元の聖杯伝説は、これらとは異なります。

 

アーサー王の物語

聖書が最初に文学に現われた時、少なくとも古くから残っていた文学は、アーサー王の物語です。
最も早いのは1190年頃のフランスの詩人、クレティアン・ド・トロワの作品で、遺物といわれるものは貴重な石を使った金色の皿に記載されています。
作者が死に至ってもまだ話が終わっていないので、聖杯の起源については何も明らかにされていません。それにもかかわらず、我々はそれを食べることで不老不死になれるとされています。

一方、ドイツでは、アーサー王の物語は、作者ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハによって構成されました。
彼は聖杯を聖霊の石として描き、それを持っている人に何らかの形で栄養を与え、知恵を授けると言われています。

他のアーサー王の物語と同様に、アーサーの騎士が、英国全土を事実上支配されてしまう脅威から救済できる力を持った聖職者を求めて。多くの中世のアーサー王のロマンスにはアーサーの騎士の1人、ペルセヴァルがおり、ホワイトタウンにあるホワイトキャッスル(白い城)と呼ばれる礼拝堂で聖杯を発見しています。

 

ホワイトタウンのホワイトキャッスル

イングランドでは、まさにこの名前によって中世の時代に言及された城が明るい色の石で造られています。イングランドとウェールズの国境に近い、シュロップシャー郡のウィッテントン村にあります。さらに、ウィッテントンという名前は、実際には初期の英語、つまり文字通りWhite Townから来ています。

 

1200年代初期に、この城の所有者であるフルクフィッツワーリン男爵の名前で、ロマンチックな物語の対象となったウィッティントン城が聖杯とアーサー王物語の両方に関連しています。
当然のことながら、これと他のアーサー王のロマンスは「ホワイト・タウンのホワイト・キャッスル」を参照しているため、地元の伝統は長いことグレイル(聖杯)の伝説の場所を関連付けてきました。魅力的なことに、1800年代半ば、Fulk Fitz Warineの直系の子孫であるトーマス・ライト(フィッツ・ワービンズは母親の祖先だった。)は、彼の家族が何世紀にも渡ってグレイルを所有していたと主張し、彼はまだそれを所有していたと主張しています。
興味深いことに、彼が持っていると主張していた聖杯は、既に言及された項目のどれもではなく、かつてマリア・マグダレンが所有していた香りの瓶でした。

15世紀のイタリアの画家、アンドレア・ソラリ(Andrea Solari)の「聖なる瓶(Sacred Jar)」とのマリア・マグダレン(Magdalene Mary)。聖ミカエルのcommanderの地位

聖書によると、マグダラ嬢はそのような壺を持っていました。それは石膏で作られたと言われ(マルコ14.3)、彼女は救済者として彼を受け入れた印として貴重な油でキリストの頭に油を注ぐためにそれを使った。新約聖書はまた、当時のユダヤ人の習慣と同様にイエスが葬られた直後にマリアが墓に行って、スパイスでキリストの身体に油を注ぎました。瓶は中世の時代に失われた神聖な遺物になり、何世紀にもわたってマリア・マグダレンの絵がその聖杯を描いてきました。

レンブラントの墓の復活キリストとマリア・マグダレーン メアリーのそばで、彼女は有名な石膏瓶を見る。(パブリックドメイン

トーマス・ライトが所有していたと主張し、マグダレーネの聖杯として知られていた瓶は、この瓶でした。
聖杯伝説の精神で、彼は秘密の場所にそれを隠したと主張しました。彼にはそれを手渡す子供がいないので、1877年に死ぬ前にその場所につながる精巧な手がかりを残しました。

手がかりに続いて

私はアーサー王の伝説を調べるときに最初にこの不思議な話を学び、最終的に、個人的に聖杯だと信じていたものをトーマス・ライトが隠したと結論づけました:
彼は確かに一連の手がかりを残すためにかなりの手間をかけました。そして、おそらく13世紀にウィッティングトン城で保管されていた聖杯と同じアーティファクトであったかもしれないので、私はライトの謎を解こうと試みました。

 

しかし、私は最初は、隠された人工物がイエスやマリア・マグダレーンとの関係を疑いました。
中世時代、戦地から帰ってくる十字軍の騎士の話では。その大部分は、地元の人々が、「聖書の遺物」と称して、戦地の地獄から開放されるという謳い文句で販売されたものでした。

最も初期のアーサー王の物語は、これらの物語が構成されたときにはその時点でそこに聖杯は存在したとされています。

彼らは最終的に、ライトが住んでいたシュロップシャーのホドネット村の「聖ルーク教会」に設置したステンドグラスの窓につながった。おそらく、ジョーンズとトーマス・ライトはお互いを知っていただけでなく、両方とも英国考古学協会に属していたと考えられていました。歴史的な手がかりを個人の墓碑に残すという習慣は、家族の伝統のようなものだったようです。

ライトが作成した(造園業だったそうです)ステンドグラスの窓は、4人の福音作家マタイ、マルク、ルーク、ジョンを描いていましたが、ジョンの人物は珍しいものでした。他の数字は彼らの福音書を保持して示されていましたが、ジョンは聖なる聖職者である聖杯の伝統的描写を持っていました。

ライトの窓から魔女を抱く姿。(写真:グラハム・フィリップス)

もっとも特徴的なのは、近くでみるとその人物が女性のように見えるということです。他の福音作家は髭を払われていますが、ジョンはきれいな輪郭をしており、確かに女性的な特徴を持っています。さらに、服は胸を覆っているような女性のガウンを着ています。この聖杯のキャラクターは、聖なる遺物に関連付けられているまさにマリア・マグダレンを表しているのでは?

シンボルの解読、隠れたアーティファクト

私を最終的にトーマス・ライトが隠していたように導いたのはこのイメージでした。窓の上の数字の頭の上には、四つの福音のための慣習的な記号があります。
「牛」「ライオン」「天使」そして「ワシ」です。これらの同じシンボルを描いた4つの像は、トーマス・ライトによって依頼され、2マイルほど離れたホークストン・パークのホワイト・クリフと呼ばれる洞窟に掘られた洞窟に建てられました。上に描かれたイメージが魔法をかける姿がワシであったため、アイテムが隠されていたのはライトの鷲の像にあったのかもしれない。

Hawkstone Parkの白い崖。彫像を含む洞窟は、廃墟のアーチのすぐ下にあります。(写真:グラハム・フィリップス)

1920年にWalter Langhamという名の地元の商人が庭に立てようとして彫像を動かそうとしたところ、鷲の像が壊れていて、その基礎部分に小さな石のカップと言われていたものが見つかりました。

 

1920年にワシの像で発見された香りの瓶。(グラハム・フィリップスによる写真)

 

彼女が私にそれを見せた時、私は失望してしまった。なぜならとても小さかったからです。高さ約1/3〜4分の1インチ、幅が1/2〜1/5インチの大きさで、緑色の石でできた卵の杯の大きさと形です。実際には、唇が内側に折り畳まれていたので、Langham家はそれを古いビクトリア朝のマスタードポットとみなしていました。

驚くべき啓示

分析のために大英博物館に持っていくことが許されたとき、私はすべてが変わりました。それはかつて、ローマ時代に蓋をしていた香りの瓶であることが判明しました。これはまさにマグダラの瓶があったと確信しました。驚いたことに、その様式によって、それは1世紀頃のもので、正確にはメアリーが住んでいたと言われていました。さらに驚きなのは、聖書がキリストの生涯を置く古代ユダヤのすぐ隣にある、エジプトでのみ見られる品種の緑の石膏から作られたことが判明しました。それは新約聖書がマリア・マクダレンの遺物であったことをアラベスター・ジャーに教えているようなものでした。

 

これはマスタード入れでは。。

この瓶が本当にマグダラのマリアのものであったか、これまでキリストの血を保有していたという肯定的な証拠はなかったが、それはまさにマグダラの聖杯がされていると言われるアラバスターカップです。

出典;http://www.grahamphillips.net/chalice/chalice11.html

出典;http://www.ancient-origins.net/opinion-guest-authors/chalice-magdalene-holy-grail-007395?nopaging=1