※ざっくり言うと※
・火星には不思議がいっぱい
・どう見てもピラミッドです本当にありg
・黒い虫を放つと住めるようになるかもしれない

火星には証明されていない7つの奇妙な発見があることを知っていますか?

火星は、太陽系の中で、地球以外の最も魅力的な惑星の一つであるといえます。私たちは、赤い惑星について、多くのことを学び、以前に火星について考えられてきたことも次々と変更しています。研究者たちは、現在、火星が常に荒涼とした大地ではなかったことを知っています。ひょっとして、何百年も昔、赤い惑星は地球と非常に似ていたかもしれません。

近年、科学者たちは、火星の表面に液体の水が流れていることを発見しました。これは、火星について知らていた全ての情報を大幅に変えてしまいました。NASAが、火星に水があることを知っているということは、彼らが、原始的な人生を探す最良の場所を選ぶことができるということです。水があれば、おそらく火星に生命が存在するかもしれません。

火星に液体の水があることを知っただけではありません。NASAの科学者たちは、赤い惑星が、遠い過去に地球と奇妙なほど類似していることを証明しました。遠い過去に、赤い惑星・火星が、大洋や河川、湖を持つ地球に似ていた時代があったのです。

しかし、今年、科学者が火星で重要な発見をしたばかりではありません。世界中の多くのUFO研究者が、NASAの写した赤い惑星のイメージに、奇妙な構造を発見したのです。これらの「構造」のいくつかは、パレイドリア(変像、錯覚の一種)が私たちの心の中でトリックを演出した結果かもしれません。これらの「構造」のいくつかは、合理的に説明することができないため、多くの人々は、遠い過去に火星古代文明が生息していたと考えました。UFO研究家による、遠い過去に存在したと思われる古代の火星文明の、最も神秘的な発見のいくつかを紹介します。

特に興味深い最初の発見:「火星の “ドーム”」

世界中の人々によると、これは今まで赤い惑星の表面で撮影された、最も信憑性の高い画像の1つになる可能性があります。イメージをよく見て、あなたが考える最初のものはなんでしょう?火星のドームのようなイメージのものはありませんか?探査機のパノラマカメラが撮影した画像は、NASAのウェブサイト(Sol 4073)で見ることができます。この神秘的なイメージでは、丘の上部に半球がはっきりと現れています。ドームのような物体は、周囲の地形と矛盾しているように見え、探査ローバーが撮影した画像では非常に目立っています。

火星に発見された神秘的な像?

火星の発見の多くは、非常に簡単に説明がつきます。しかし、論理的に説明できないいくつかの発見もあります。この記事で見ることができるイメージは、明らかに論理的に説明できず、地球上の古代メソポタミアでよく見られる古代スメリアン像のように見えます。UFO研究家によると、現在、赤い惑星を探索している探査機が撮影した奇妙な画像の1つに、神秘的な像の頭に見えるものが写っています。UFO研究家は、私たちが地球の古代スメリアン彫像で見られる像、2つの目、鼻、口、および典型的なコーン型のひげの顔を、その神秘的なイメージの中に明確に描くことができると考えています。火星のドームと彫像など無数の不思議なイメージを見て、赤い惑星の表面の下に埋もれた構造全体から考ると、私たちには論理的に説明することができません。

火星の象形文字

これらの画像の一部は、誰もが望むものよりももう少し謎である可能性があります。UFO研究家は、火星から送られる何千もの画像を調べ続けています。それによると、火星の生命は過去に存在していました。これらの画像は、火星に居住していたことを示しているだけでなく、文明が発達しており、NASAの探査機が地球に戻ってきて証明すると、UFO研究家は考えています。多くの人々は、これらの画像が、実際には火星の人工構造物ではないと信じています。ここで見ているものは、パレイドリア(錯覚)や変わった地質学的な形態であると思っているのです。あなたはどう思いますか?

火星の「ストーンヘンジ」

赤い惑星の表面で発見された神秘的な岩の層である「マーズヘンジ」を見てみましょう。神秘的な形が、地面から屹立し、はっきりと溝に囲まれているように見える土手の上に載っています。私たちがここで見ているものは、パレイドリア(錯覚)の結果であるとは思えません。ひょっとして、火星の古代記念碑を見ている可能性は?この神秘的な岩の形状は、英国のよく知られたストーンヘンジに非常に似ており、火星の母なる自然の結果である可能性はかなり低いです。火星の神秘的な岩の形成は、写真撮影された地域では特殊です。元のイメージで見るように、神秘的な岩が、円で形成されているようなものは、近くにはありません。

火星のエイリアンの像?

多くの人々は、これがパレイドリア(錯覚)の例であり、そこにないものを見せているだけと言います。しかし、火星が実際に遠い過去に生命を維持したと信じるひとも沢山います。NASAが提供するRAW画像を見てみましょう。このリンクに従って高解像度TIFFファイルをダウンロードしてみましょう。あなたも問題の対象物を見つけることができます。

問題の画像は、非常に興味深いものです。UFO研究家や、火星の痕跡を見つけようとしている人は、人工的だと断言するでしょう。画像PIA17931が提供するパノラマビューでは、右下隅に、奇妙な彫像に似た工芸物を見ることができます。UFO研究家によると、この「像」には目、鼻、口があり、火星の自然が作り出すことは不可能です。

謎の「エイリアン」

火星にいる生命の究極の証拠:火星の神秘的な “生き物”のイメージにワクワクしませんか?

NASAの探査ローバーは、火星のもう一つの信じられないほどのイメージを撮影しました。赤い惑星に生命があるかどうかについて、多くの議論がなされました。多くの人々にとって、火星の表面状態は、人類が生存にはあまりにも厳しいものです。しかし、NASAの探査ローバーのこの新しいイメージは、UFO研究者に、火星表面の下には生命が存在したことを確信させるものでした。その「奇妙な」画像は、赤い惑星の崖の上にぶら下がっている「何か」を示すようです。それはどんなものでしょう?何かの跡でしょうか?画像の中央部分を注意深く見てください。そこには、周囲の風景の中からはっきりと目立つような、奇妙な物体があります。火星には沢山の岩があるし、中には少し奇妙に見えるかもしれない岩もあります。そして、あなたには、このイメージにある物体が見えています。この場所に相応しくない、岩ではないようなもの。問題の物体には、楕円形の「構造」の中心から10の奇妙な形の「線」または「触手」が伸びています。

火星のピラミッド?

NASAの探査ローバーは、2012年に着陸して以来、火星の表面の最も興味深い画像を撮影しました。2011年11月26日にケープカナベラルから打ち上げられ、2012年8月6日に火星のガレ・クレーターにあるアエロス・パラスに着陸しました。

あなたはピラミッドのRAW画像をチェックアウトすることができます。こちらです。

多くの人々は、これは赤い惑星の偶然の岩の形成であると考えています。あくまでパレイドリア(錯覚)や光と影のイタズラです。この完璧な構造は、明らかに人工的に作られており、どのような方法でも自然にはできないと信じるひともいます。構造の「完全な」対称性は目を見張るもので、その「ピラミッド」は火星の残りの岩石から際立っています。ピラミッドの角度と線は、自然にできる地形と人工地形を区別する証拠と考えられています。

これらの画像の中は、おそらく光と影のイタズラ以上のなにものでもありません。しかし、そのうちのいくつかは非常に興味深く、さらに調査する価値があるのです。