※ざっくり言うと※
・地球の近くに人類が住めそうな惑星を発見
・14光年離れている。光の速さで14年。遠すぎぃ
・地球の凄さが改めてわかる事例

天文学者たちは、太陽系に比較的近い場所にある惑星に注目しました。少なくとも、私たちが知っている限り、生命を支える正しい条件を持っていると言えます。サンフランシスコ州立大学の専門家は、わずか14光年離れたウルフ1061系の外惑星を観測しました。

地球圏外の惑星はウルフ1061系と呼ばれ、天文学者によれば、居住可能な星の範囲内にあります。幸いにも、地球の比較的近くに位置しているため、科学者はさらなる研究を行うことができます。

しかし、専門家が指摘しているように、惑星は居住範囲の内側の端に位置しています。これは、地球温暖化の影響を受けて大気に閉じ込められ、温室効果をもたらします。

科学者は、このシステムには少なくとも3つの既存の世界が存在することに注意しています。

ウルフ1061系と呼ばれる惑星の星系の状態をよりよく理解するために、専門家は軌道周回する星を測定しました。

サンフランシスコ州立大学の天文学者スティーブン・ケーン氏は、「このウルフ1061系はとても重要です。地球にとても近く、実際に生命を持っているかどうかを、確認するための研究を行うことができる良い機会を与えてくれるのです。」と語っています。

専門家は、惑星が正しい場所に位置しなければならないことに、注目しています。居住可能範囲内でさえも、私たちが知るような生命に適するためには必要なことなのです。

惑星が恒星から離れすぎていると、寒くて冷たい天候や凍てついた氷の世界になる可能性があります。

後者の状況は、スティーブン・ケインの火星で起こったことです。惑星が近すぎると、今度は熱すぎになるでしょう。

また、大気中に熱が閉じ込められると、「暴走温室効果」を誘発することになります。これは、お隣の金星において、水蒸気の中に熱を閉じ込めている状態です。金星にはかつて海洋が存在していたと考えられています。

「暴走温室効果を持つ星にかなり近い」とカーン氏は語りました。

さらに、専門家たちは、軌道がはるかに速い速度で変化することも警告しています。これは、混沌とした気候の別の兆候かもしれません。

「それにより、惑星が頻繁に凍結するか、または加熱されるという、非常に深刻な状態の可能性がある」とケーン氏は語りました。

しかし、これは、地球が生命を守れなくなるというわけではありません。

ケーン氏は、軌道の短い周期時間が、惑星を冷やすというシナリオもあると考えています。