※ざっくり言うと※

・米国には壊滅的な影響のある隕石に関する政府組織がある

・基本的には警告するだけ。デカければ頑張って進路を逸らすか破壊する

・なお、米国しか対象にしてない模様(外国も救ってクレメンス…)

ホワイトハウスは、小惑星や彗星が地球に衝突する驚くべき「黙示録計画」を準備が整った人々が手に入れて発表することを懸念しています。米国政府は、小惑星や彗星による壊滅的リスクを回避するために設計された計画の完成に取り組んでいます。これは、NASAが2月に地球の近くを飛ぶ彗星を発見した直後に発表されました。

 

地球にはしばしば小さな惑星が降ってきます。小惑星は、地球の大気圏に入っている間に燃え尽きる傾向があり、ほとんど気付かれません。しかし、2013年のロシアのチェリャビンスクと、1908年のロシアのツングスカでは、2000平方kmの土地を破壊したような壊滅的な出来事がありました。

この論文は、地球近傍物体の影響を検出し緩和するための省庁間作業部会が作成したものです。専門家は「多少の警告」があるかもしれないと恐れています。最近、ホワイトハウスは、地球に影響を及ぼす可能性のある小惑星や彗星の解決策を提供することを目的とした国家地球近傍物体準備戦略を明らかにしました。この計画は、私たちの惑星を進化させ、未来の宇宙探査に投資して、小惑星の衝突を防ぐのに役立ちます。

最初の最も重要なステップは、科学者が、潜在的に壊滅的破壊力のあるNEO(地球近傍天体)または近地球物体について防衛専門家に警告することができるように、検出方法を改善することです。

データを詳細に検査します:

さらに、専門家は、人工知能型宇宙探査機を開発し、ハイテクセンサーとレーザーでそれらを包み込む必要があると言います。宇宙の岩石が地球に衝突するのを防ぐために、専門家は、地球との衝突コースにある小惑星に関する最も重要な詳細な大きさと重さを計算し迎撃するために、強力なロケットを打ち上げる予定です。

この宇宙機器がデータを収集すると、防衛専門家は行動計画を立てることができます。

この発表は、米航空宇宙局(NASA)が、2月に地球の近くに飛ぶ彗星の接近する日を知らせます。「警告時間がほとんどない場合、または対象が非常に大きい場合は、地球近傍天体の破壊が必要になることがあります。地球からNEOを逸らすための技術は使用できますが、非常に大きな対象物を破壊したり向きを変えさせるために、高エネルギーな研究開発が必要です」と述べています。

地球と衝突する可能性のある小惑星を見つけた後、次のステップは、一般市民に警告することです。同紙は、米国がハリケーン警報と同様に対応し、各州の国家緊急事態を宣言する必要があることを示唆しています。しかし、あなたが米国にいない場合はどうなりますか?計画は機能するでしょうか?この計画では、世界中の宇宙空間の岩石を探知することができますが、残りの地域を保護するために先進技術を投資して準備するかどうかはまだ分かりません。これに矛盾はあるでしょうか?

戦略文書には7つの目標が記載されています。

  1. 国のNEOの追跡と分類能力を向上させる
  2. 脅威のNEOを移動させる方法を設定する
  3. 我々のモデルと予測をより良くする
  4. NEOが移動できない場合の緊急時の手続き
  5. 警告システムと回復戦略を作成する
  6. 計画に他の国を含める
  7. 迅速な意思決定に使用する規約としきい値を組み合わせる