シュメール人は、メソポタミアで7,000年以上前に定着した最初の人々でした。

ティグリスユーフラテス川(現代のイラク)の間にあるメソポタミアの最南端に位置するシュメールは、しばしば文明の発祥地と呼ばれました。千年紀には、高度なテクノロジーの書き込み、壮大な芸術、建築、天文学や数学を確立していました。シュメール人に従い、アッカドの人々は、彼らの文化から言語を借りて自分達の新しい言語を作り出しました。そして、世界初の帝国を創り出しました。

シュメール人の起源は、今日まで謎のままです。彼らは自分自身をサギガ(「黒い頭」または「禿頭者」)とその国、ケンギ(「文明的な土地」)と呼んだ。

何人かはアナトリアや現代のトルコから来たと信じています。他の人は、彼らがインドから来た可能性を主張しコーカサス人であることを主張しています。彼らは3500年も以上前に南部のバビロニア、現代のイラクで設立されました。

古代ギリシャ語で「川の間の土地」を意味する「メソポタミア」と呼ばれる場所にあったシュメールは、独立国家であった都市国家や市民集合体であり、3000年間も存続したと考えられています

紀元前3500年頃から、シュメール人は文明の首都である壁に囲まれた都市「ウル」を建設し始めました。これらの都市にはそれぞれ公共の建物、市場、ワークショップ、先進的な水路設計があり、村や農業の土地に囲まれていました。政権はもともと市民に属していましたが、各都市国家間の競争が高まるにつれ、それぞれが王権の制度を採用しました。

各都市国家は地元の神または女神の支配下にあると信じられており、その神殿は町の建築を支配していました。最も有名な神殿である、ウルのジッグラトは、ピラミッド型の段丘テラスの形をした泥煉瓦から造られた3階建て、高さ15mの建物です。それは神殿複合体を形成し、そこには王宮も含んでいました。その建物の上にはその町の神に捧げられた神社もありました。

シュメール人は、「文明」という概念を定義するために使用される、多くの「基準」を発明した最初の文明の1つであり、法律、耕運機、帆船、太陰暦の確立や、数値システムの開発これは数学に近いものである。

しかし、その中でも最も有名だとされる彼らの遺産は「書記体」であり、シュメール人は楔形文字やくさび形の記号として知られる最も初期の書記体系の1つを考案しました。

これが考案されたのは紀元前3000年頃とされ、スタイラスと呼ばれる先の尖った器具を湿った粘土のタブレットに押し込んで記号を作ったとされます。

その後テキストを保存するために、タブレットを日光で乾燥させ、何十万というこれらのタブレットが生き残り、シュメールの文化、経済、法律、文学、政治、宗教が今に語り継がれています。

楔形文字システムのみによって最初に作成され、使用されたがシュメールの隣のグループが自分自身の使用のためにそれを採用する前に、それは長くはかかりませんでした。紀元前2500年頃、アクメディウス人は、シュメール人の北に住むセミト族の人々で、楔形文字を使って自分の言語を書くことを始めました。しかし、メソポタミアの主要言語としてシュメール語よりもアッカド語を位置づけたのは、紀元前2,300年頃のアッカド王朝時代の台頭でした。

シュメール語は小さな復活を経験したが、最終的には文学的文脈でのみ使われる、死んだ言葉になった。アッカド語はその後2千年の間語り続けられ、バビロニア語とアッシリア語として知られる後の形に進化しました。

 

 

  • 出典:http://www.ancient-origins.net/ancient-places-asia/rise-and-fall-sumer-and-akkad-003192?nopaging=1
  • 出典:http://mystery-hunter.net/?p=1005