※ざっくり言うと※

・ギザの大ピラミッドをはるかに超える超巨大ピラミッド。全文明中最大の建造物。

・コルテスも見つけられなかった。

・誰が作ったかわからないが、伝説では巨人が作ったらしい。

 

このピラミッドは450万万立方メートルの超巨大なピラミッドとして予想されています。これは文字通りギザの大ピラミッドすら小さく見える大きさです。専門家はピラミッドが建設されるまでに約1000年かかったと推定しています。これは、すべての古代文明を入れても、世界で最も大きな記念碑です。誰がピラミッドを建てたのはまだ謎です。

チョルラの大ピラミッドまたはトラチィウワルテペトル(ナワトル語で手作りの丘を意味するは、一面あたり450メートルの世界最大のピラミッドです。実際、それはまったく単一のピラミッドではありませんが、少なくとも6つの建物からなる1つのモニュメントが、別のモニュメントの上に積み重ねられています。連続した文明が既に構築されたものを改善して少しずつ作られたのです。

450メートル、高さ66メートルのチョルラの大ピラミッドは、9つのオリンピック用スイミングプールに相当します。地球上で最大のピラミッドであり、ギザの大ピラミッドより4倍大きく、質量もおよそ2倍に相当します。これまで存在した全文明の建造物の中で、最大の記念碑なのです。奇妙なことに、それは正式に450の大規模なピラミッドとしても認められていますが、最も高いものというわけではありません。高さ65mのチョルラの大ピラミッドは、テオティワカンの太陽のピラミッドに似ており、一方、ギザの大ピラミッドの高さは139mなのです。

このピラミッドの建築プロセスはいつ始まったのか。考古学者は、紀元前300年前後か、あるいはキリスト教時代の初めであったと信じています。完成するまでには500年から1000年かかると推定されています。

伝説によると、スペインのコンキスタドールが近づいていると知った地元の住民が、この神聖な寺院を土で覆いました。コルテスと部下たちが151910月、このピラミッドが建立されてから約1,800年後に到着したとき、彼らは一時間に約3000人を虐待し、都市全体の10%を虐殺し、宗教的構造物の多くを破壊しました。しかし、彼らは決してこのピラミッドを見つけられなかったので、触れることはできませんでした。

ピラミッドは強烈に心に残るような構造であり、コルテスと部下たちがメキシコに到着したとき、この記念碑はすでに数千年前のものであり、植生で完全に覆われていました。不思議なことに、最初の現地発掘調査では、断頭した子供の変形した頭蓋骨を含む一連の恐ろしい発見が明らかになりました。奇妙なことに、このピラミッドの初期の歴史についてはほとんど知られていません。紀元前300年頃に建設が始まったと考えられていますが、誰が建設したのかは謎のままです。

伝説によれば、チョルラの偉大なピラミッドは巨人によって建てられました。考古学者は、チョルテカ人が建設に参加したと推測しています。